③女性が筋トレをするとムキムキになる?【女性用】

レシオ 岡山 トレーニング ダイエット

 

 

女性でもダイエットに筋トレが必要な理由のコラムの中でダイエットに筋トレは必須と繰り返し説明してきました。まだ読まれていない方はそちらを先にお読み下さい。

 

そして、女性に筋トレを勧めると、ほぼ100%の確立で返ってくるのが「でも筋トレしたらムキムキになりそう」「マッチョになりたいわけではないんですけど」という言葉です。

この考え方こそがダイエットが成功しない大きな理由であるにも関わらず、誰もが口を揃えて同じことを言うのでいつまで経っても正解にありつけず、カラダは変わらないままです。

 

ダイエット時に必要なのはアンダーカロリーであること

アンダーカロリーにすると脂肪と筋肉の両方が分解、燃焼される

筋トレで筋肉に負荷をかけることで筋肉の分解を防ぐ

筋肉を維持し、脂肪だけが燃焼されることでメリハリのあるカラダが作られる

 

これが正しいダイエットのロジックです。

 

それでは、この流れにおいて本当に「筋肉がムキムキになる」のでしょうか?

答えはNoです。

ご安心してトレーニングに励んでいただいて構いません。

 

まず、脂肪が燃える条件は【消費カロリー>摂取カロリーの状態(アンダーカロリー)】が絶対であり、この条件を満たしていない状態で脂肪が燃えることは100%あり得ません。

それとは反対に筋肉が増える条件というのは【消費<摂取の状態(オーバーカロリー)】を維持することが絶対条件なのです。筋トレをした上で、摂取カロリーが上回ったときに初めて筋肉が増えることになります。

 

ダイエット中は常にアンダーカロリー状態のはずですから、その状態でいくら筋トレをしようが、筋肉が増えるという現象はあり得ないことなのです。

放っておいたら無くなってしまう筋肉を何とか「維持」するためにも、存分に筋トレをしてください。

 

反対に、「筋肉が無さ過ぎるからまずは筋肉を増やしたい」という人は筋トレをしながら【消費<摂取(オーバーカロリー)】にすれば筋肉は増えます。

男性に比べると付きにくいですが、それでも筋トレをして沢山カロリーを摂取すれば少しずつですが筋肉は増えます。

そしてこれも当然のことですが筋肉を増やしている間はオーバーカロリーの状態にあるため、この状態で脂肪が燃焼することは100%ありえません。

 

すなわち、脂肪を燃焼することと、筋肉を増やすことは、同時には行なえないようになっているのです。ちまたに蔓延している「筋肉を増やしながら脂肪を落とそう」というのは、右に行きながら左に行こう、と言っているのと同じで、物理的に出来ないことなのです。

これについては脂肪燃焼と筋肉増量が同時に行なえない理由の記事で詳しく説明しています。

 

※RETIOでは、全ての方に正しいフォームと正しい重量設定でトレーニングを行なって頂くために、無料で何度でもマシンの使い方を学べるオリエンテーションを開催しています。全身はもちろん、お尻のトレーニングだけを集中して4~5種目行なうといった「部位別」のオリエンテーションも、全ての部位を無料で何度でも受けて頂けます。

また、実際に置いてあるマシンの使い方解説の動画を施設内のモニターで流しています。同動画はRETIOアプリ内でも見られるため、実際にマシンでトレーニングをしながらインターバルの最中にご自身のスマホでご覧頂くことも、ご自宅に帰られてから予習復習でご覧頂くこともできます。

 

_________________________________________________

①引き締まった美しいカラダになるために必要なこと【女性用】
②女性でもダイエットに筋トレが必要な理由【女性用】
③女性が筋トレをするとムキムキになる?【女性用】
④ヨガでダイエット効果が出ないのは何故か【女性用】
⑤有酸素運動でダイエット効果が出ないのは何故か【女性用】
⑥ファスティングがダイエットに向いていないのは何故か【女性用】
⑦絶食ダイエットは絶対にやってはいけない【女性用】
⑧エアロビクスでダイエット効果が出ないのは何故か【女性用】
⑨【腹筋でお腹の脂肪を落とす】という間違った認識【女性用】
⑩「部分痩せ」という嘘に騙されてはいけない【女性用】
⑪○○ダイエットで効果が出ないのは何故か【女性用】
⑫ダイエットに必要なのは○○だった?【女性用】
⑬脂肪燃焼と筋肉増量が同時に行なえない理由【女性用】
⑭一番大切なことを後回しにしてはいけない【女性用】