⑤有酸素運動でダイエット効果が出ないのは何故か【男性用】

レシオ 岡山 トレーニング ダイエット

 

 

「有酸素運動をすれば痩せますか?」という質問はナンセンス

よく「痩せるためには有酸素運動をしたほうがいいですか?」と聞かれることがあります。

 

「有酸素運動をしたら痩せますか?」という質問は、「食事をすると太りますか?」と言っているのと同じぐらいナンセンスです。

「食事をすると太りますか?」という質問に対する答えは「1日の消費カロリー以上に食べれば太りますし、消費カロリー以下で食べれば痩せます」となります。太るかどうかの基準は「食事をすること」ではなく、あくまでも「消費カロリーと摂取カロリーでどちらが多いか」です。

 

同様に「有酸素運動をすれば痩せますか?」という質問に対する答えは「有酸素運動を含めた1日の消費カロリーが、食事から取るカロリーを上回っていれば痩せますし、下回っていれば太ります」ということになります。

痩せるか太るかの基準は「有酸素運動をすること」ではなく、「消費カロリーと摂取カロリーでどちらが多いか」です。

 

それでは、有酸素運動によって消費されるカロリーとはどれくらいでしょうか。

諸説ありますが、30分でおよそ200kcal程度と言われています。

 

ここで皆さんに質問です。

ご自身の一日の消費カロリーが2,200kcalだとします。

痩せるためにあなたは下記のどちらを選びますか?

  1. 毎日2400kcalの食事をして、毎日1時間のランニングで400kcalを消費し、差し引き200kcal分ずつ痩せていく
  2. 毎日2,000kcalの食事をして、ランニング無しで1日200kcal分ずつ痩せていく

※①では毎日余分にカロリーを摂取するオーバーカロリーの状態なわけですから、有酸素運動をサボるとその分太ることになりますので、ランニングはサボれません。

ちなみに②の2,000kcalとはどれくらいの食事量かというと、適切なものを食べれば1日3食+3回の間食を含めてお腹一杯食べてもお釣りがくる量です。

 

いかがでしょうか?

目的が「ダイエット」であるならば、一番効率が良いのは食事のコントロールと筋トレです。

よくありがちな、ジムで有酸素運動をした帰りに「頑張ったご褒美」「運動しているから大丈夫」と言って高カロリーの食事やジャンクフードを摂ることは、右手で掃除をしながら左手でゴミを捨てていっているのと同じことなのです。

 

リバウンドしないダイエットの最短距離

 

ダイエットの大前提は【消費kcal>摂取kcal】の状態にすることであり、この状態をアンダーカロリーと呼びます。

アンダーカロリー時、生命を維持するためのエネルギーを食事だけで補えないと脳が判断したとき、代替のエネルギー源として脂肪や筋肉が分解され、燃焼されていく。これがダイエット、脂肪燃焼のロジックです。

体脂肪の燃焼とはアンダーカロリーが絶対条件であり、すなわち食事で調整するものです。無理に有酸素運動をしなくても、アンダーカロリーの状態を維持出来ていれば体重は減っていきます。

 

食事制限だけはなく同時に筋トレが必要

「じゃあ食事制限だけをしていればいいんじゃないの?」と思われる方も多くいらっしゃると思いますが、食事制限だけ、または食事制限と有酸素運動だけで痩せようとすると、ダイエットは失敗します。

その理由についてはダイエットに筋トレが必要な理由で詳しく説明していますのでご覧ください。

 

繰り返しますが、有酸素運動が悪いわけはなく、有酸素運動とは非常に優れた運動です。カロリーを消費する、心肺機能を上げる、という点に関して言えば筋トレよりも優れています。

それでもダイエット・ボディメイクにおいての優先順位が高くないのは、「脂肪を落として引き締まった体になる」という「目的」と「その為の手段」を照らし合わせたとき、最優先すべきは食事と筋トレであり、有酸素運動は最優先の選択肢とはならないためです。

 

※RETIOではダイエット時の食事の摂り方について、会員様向けに随時無料で食事セミナーを開催しています。アンダーカロリーと一口に言っても「どんな食材をどのタイミングで摂るのか」「お酒はだめ?」「デザートはだめ?」「チートデイって何?」「停滞期の脱出法は?」「食べてないのに何故痩せないの?」など、多くの疑問に答えることで、カラダ作りについての一生モノの知識が得られる内容になっています。

目標を達成するためにはまずは正確な情報の収集から。

どうせやるなら最短距離で目標を達成しましょう。

 

_________________________________________________

①引き締まったカラダをつくるために必要なこと【男性用】

②ダイエットに筋トレが必要な理由【男性用】

③脂肪燃焼と筋肉増量が同時に行なえない理由【男性用】

④筋肉を増やしたい人が気をつけること【男性用】

⑤有酸素運動でダイエット効果が出ないのは何故か【男性用】

⑥ファスティングがダイエットに向いていないのは何故か【男性用】

⑦絶食ダイエットは絶対にやってはいけない【男性用】

⑧【腹筋運動でお腹の脂肪を落とす】という間違った認識【男性用】

⑨「部分痩せ」という嘘に騙されてはいけない【男性用】

⑩○○ダイエットで効果が出ないのは何故か【男性用】

⑪一番大切なことを後回しにしてはいけない【男性用】