2020.06.05

ベンチャーの福利厚生人気アイデア10選!面白い仕組みも紹介

 

ベンチャー企業の福利厚生ってどんなイメージですか?

 

「ベンチャー企業ってあまり福利厚生は充実してなさそう、、」

そんなイメージがあるかもしれません。

 

しかし、最近では独自でユニークな福利厚生を設けている会社がとても増えています!「こんな仕組みがあったらいいな」と思えるものもたくさんあり、福利厚生を考えるヒントになるかもしれません。

 

そこでこの記事では、法人営業を行っている筆者が厳選したユニークな福利厚生を紹介しています。他の会社とは違ったオリジナリティのある福利厚生を導入したいと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

ベンチャー企業の福利厚生は悪い?

 

 

ベンチャー企業は大企業と比べると福利厚生が悪いのは事実です。しかし、近年ではユニークな内容の福利厚生を自社の強みとして設けている企業も増えてきました。

 

ベンチャー企業独自の福利厚生を取り入れることで、採用の強化につながったり、企業の認知度が上がったりするからです。

 

法人営業を行っている筆者から見ると、最近のベンチャー企業の福利厚生は手厚くなってきたと感じています。

 

ベンチャー企業の面白い福利厚生10社

 

 

「ユニークな福利厚生」と言われてもイメージが思い浮かばないですよね。この章では、ユニークな福利厚生を導入したベンチャー企業10社を以下の4つにジャンル分けしてご紹介します!

 

  • 休暇に関する福利厚生(3社)
  • 自己投資系の福利厚生(2社)
  • 作業効率化系の福利厚生(2社)
  • 健康増進の福利厚生(2社)

 

休暇に関する福利厚生

 

 

福利厚生の中でも「休暇」に関するものは人気がありますよね。ここでは実際に、休暇に関する福利厚生を取り入れている以下のベンチャー企業をご紹介します!

 

  • ずる休みができる!?―パスクリエイト株式会社
  • 毎週月曜日は午後から出社!?―Supership株式会社
  • 1ヶ月間の休暇で海外旅行へ!―株式会社CRAZY

 

 

ずる休みができる!?-パスクリエイト株式会社

 

初めにご紹介するのが、インターネットマーケティング業や広告代理店事業を行うパスクリエイト株式会社の「ずる休み制度」です。なんともユニークな名前!笑

 

会社に「ずる休みさせてください」と正直に申告すれば3カ月に1回までは、休める制度です。

 

たとえば、前日の夜更かしや、体調によって今日は頑張れないかもと思うことがあるでしょう。そんな日に「ずる休みさせてください!」正直に申告したら有給で消化できるなんとも面白い福利厚生です。

 

もちろん普段から頑張って出社するのは素晴らしいことですが、ずる休みがあるとリフレッシュできそうですね!

 

毎週月曜日は午後から出社!?―Supership株式会社

 

次にご紹介するのがデータテクノロジーカンパニーSupership株式会社の「Super Happy Monday制度」です。

 

Supership株式会社が独自に導入している休暇で、毎週月曜日の午前を有給休暇にする制度です。意外と知られていませんが、月曜日の午前中を有給にすることには以下のようなメリットがあるのです!

 

  • 日曜日の夜が憂鬱になる(ブルーマンデー症候群)ことがなくなる
  • 朝の満員電車に乗らなくて済むのでストレスが軽減
  • 平日しか行えない手続きなどの用事が済ませられる

 

月曜日の午前中の休暇は、社員のストレス緩和や時間の有効活用につながる魅力的な福利厚生ですね!

 

1ヶ月の休暇で海外旅行へ!―株式会社CRAZY

 

3つ目にご紹介するのは、個人向けのウェディングプロデュースなどを行っている株式会社CRAZYの「グレートジャーニー制度」です。

 

この制度は、1カ月間長期休暇できる夢のような福利厚生です!(ただし休暇中は無給)

 

この休暇を利用してたくさんのメンバーが世界中を旅しています。休むことも働くことも自分で決めるという考えの株式会社CRAZY。旅をしている間に自分探しや新たな発見ができそうですね。

 

自己投資系の福利厚生

 

 

福利厚生の中には、社員の成長をサポートする自己投資系が存在します。この章では、そんな自己投資系の中でもユニークな以下の2つをご紹介!

 

  • 取りたい資格を取得!―ウルシステムズ株式会社
  • 美容院代やスーツ代がタダ!?―株式会社ジールコミュニケーションズ

 

取りたい資格を取得!―ウルシステムズ株式会社

 

まず初めにご紹介するのは、ITコンサルティング会社のウルシステムズが取り入れている「能力開発補助制度」です。

 

この制度は、社員が選んだ研修や資格試験ならなんでも、会社が一部のお金を払ってくれるというもの。自主的にスキルアップしたいと思った社員を支援してくれます。

 

たとえ業務に直結しない資格でも、社員の学ぶ姿勢を会社がバックアップしてくれるのは嬉しい制度ですね!

 

美容院代やスーツ代がタダ!?―株式会社ジールコミュニケーションズ

 

次に紹介するのが、新卒採用コンサルティング事業、メディア事業を展開している株式会社ジールコミュニケーションズの「オシャレ手当」です。

 

美容院、スーツ等の購入にかかる費用を1ヶ月に上限1万円まで会社が負担してくれます。金銭面の個人負担が減り、喜ぶ声が多かったというオシャレ手当。社長による「社員は会社の顔として身だしなみを整えてほしい」という気持ちからできた制度だそうです。

 

毎月お金を負担してもらえるなら、前髪だけでもカットしに行ったり、ネクタイを新調したり、今まで以上にオシャレに気を使えちゃいますよね!

 

作業効率化系の福利厚生

 

 

従業員の作業効率を高める仕組みの導入って大変ですよね。新しいシステムの導入など、社内の反発を受けることもあるでしょう。

 

しかし、福利厚生として従業員満足度を高めながら、効率アップする方法もあるのです!実際にベンチャー企業で取り入れられている以下の2つをご紹介します!

 

  • お昼寝で集中量力アップ!-株式会社Okuta
  • 社内がアロマの良い香りに!?―株式会社フロンティアコンサルティング

 

お昼寝で集中力アップ!-株式会社Okuta

 

住宅リフォーム・マンションリフォームを行っている株式会社Okutaの「パワーナップ制度」です。

 

従業員が眠いと感じたタイミングで、15~30分程度の仮眠がとれるという何とも信じられない福利厚生です。

 

寝られるタイミングは昼休憩以外の午後の時間帯なら、いつでも良いそうです。実際に、パワーナップ制度は社内の評価も高いとのこと。

 

  • 効率があがった
  • 疲れにくくなった
  • 眠ってはいけないというストレスがなくなった

 

かなりいい口コミが集まっているようです。眠くなりやすい昼食後に頭がスッキリ。お昼からも頑張れますね!

 

社内がアロマの香りに!?―株式会社フロンティアコンサルティング

 

オフィスコンサルティングを行う株式会社フロンティアコンサルティング。来客した人や従業員がホッとする空間を作りたい!という思いから、社内にオリジナルアロマを置いています。

 

アロマの香りが体に良い影響を与えるということは化学的にも実証済。具体的には以下のような影響があります!

 

  • 集中力の向上
  • 作業効率の向上
  • ストレスの緩和

 

オフィスがアロマの香りに包まれると、リラックス出来て作業効率も上がりますね。

 

健康増進の福利厚生

 

 

社員がいつでも元気で働けるためには、健康増進の福利厚生が必要です。

 

そこで、実際にベンチャー企業で取り入れられている健康増進2つをご紹介します!

 

  • 医療費全額負担!?―株式会社ワークスマイルラボ
  • 朝にヨガをしてスッキリ!―レバレジーズ株式会社

 

医療費全額負担!?―株式会社ワークスマイルラボ

 

初めにご紹介するのは、オフィス機器の販売やIT支援サービスを行う株式会社ワークスマイルラボの「医療費全額負担制度」です。

 

社員の健康を守るため、年に2回の健康診断に加え医療費を会社が全額負担(年間20万円まで)してくれます。信じられないですね!

 

ちょっとしたことでも病院代は高くなりがちですが、会社負担だと積極的に通えます!また、早めの通院に繋がるので病気の早期発見や予防につながりますね!

 

朝にヨガをしてスッキリ!―レバレジーズ株式会社

 

人材関連事業やシステムエンジニア事業を行うレバレジーズ株式会社は、「無料朝ヨガレッスン」を福利厚生として提供している会社です。

 

希望した従業員に、月に2回のヨガレッスンを無料で行っているそうです。始業の1時間前に実施するそうなので、眠さも吹き飛びそうですね。

 

以前はインストラクターを社外から呼んでいたそうですが、現在はヨガの資格をもった従業員が講師として行っているそうです。朝から楽しく健康増進に取り組め、リフレッシュができるので良いですね!

 

自社の特徴に合わせた福利厚生で社員の満足度もUP

 

 

ベンチャー企業の「ユニークな福利厚生制度」を10社紹介してきました。オリジナリティのある福利厚生制度を作れれば、従業員の満足度も上がりそうですよね。

 

小規模のベンチャー企業の場合、メンバーや社風に合わせた福利厚生を検討できるのが強みです。自社の特徴に合わせた福利厚生を取り入れて、従業員の満足度や、より一層のモチベーションUPにつなげましょう。

 

なお、岡山県でフィットネスの福利厚生を探している場合は、RETIO BODY DESIGNの法人プランもご検討ください。

 

24時間営業で、利用人数が増えてもカードキーの枚数が増えなければ料金は一律。利用者が多いほどお得な仕組みになっています。

 

実際に、県内のさまざまな企業が社員の健康増進のための福利厚生として取り入れています。詳しいご案内はこちらをご覧ください!

 

 

法人契約のご案内

 

岡山の24時間フィットネスジム「レシオボディデザイン/RETIO BODY DESIGN」

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

CORPORATE