RETIO BODY DESIGN

new 2020.02.14

ダイエットと便秘の深い関係【男性用】

*この記事は男性用の記事です。

 

 

 

意外に深刻な便秘の悩み

 

極端な食事制限をともなうダイエットなどをすると「便秘」になるという悩みをよく聞きます。

 

本来、お通じは毎日あるものですが、それが数日も続くと体調不良になったり、

お腹もぽっこりになったりと良い事はありません。

 

実は、お通じとダイエットには深い関係があります。今回はその関係を取り上げていきます。

 

 

 

なぜ便秘するのか?

 

一番大きな要因はダイエットをすると食物繊維の摂取量も相対的に減るので便秘し易くなります。

 

日本人は食物繊維が不足していると言われています。

しかし食物繊維の摂取量は年代・性別によって変わります。

また食物繊維を毎日の食事からきちんと摂るのは意外と難しいものです。

 

日本人の食事摂取基準(2015年版)では、

食物繊維の目標量は、18~69歳では1日あたり男性20g以上、女性18g以上とされています。

 

しかしながら、平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要を見ると、

実際の食物繊維の摂取量は10~40代でかなり少ないことが分かります。

意外なのは、摂取量が足りていたのは70代で、

最も摂取量が多い60代でも目標量にわずかに達していませんでした。

 

この事からも日本人の食物繊維の摂取量は不足している事が分かります。

 

 

 

理想のお通じ

 

まず、初めに確認したいのは、

前述の食物繊維を大量に摂取してもそれだけではダメという事です。

前提として、食べた食物繊維を有効活用できるように胃や腸が健康でなければいけません。

 

胃や腸の元気が無いのに食物繊維を摂ると、つまってしまいます。

それを避けるためにはバランスの良い食事の中で特に「ビタミンB」を多く摂る事が必要です。

 

ビタミンB群は基本的に、炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働きます

効率よく消化を助け、食べたものをしっかりエネルギー化し、健康な身体や胃腸になるわけです。

 

食物繊維、ビタミンBをきちんと摂るという意味では朝食は大事です。

食事を摂り胃が膨らむと大腸に信号が送られ、便が直腸に送られる「結腸反射」が起こります。

これが無い状態が便秘ですので、朝のうちに胃腸をしっかりと目覚めさせ、

正常な働きをさせる事は便秘予防におおいに関係があるのです。

 

また、理想のお通じには食物繊維と合わせて水分が大事です。

それは排便しやすい便を作るためです。

 

実は摂取された水分はまず血液をサラサラにすることを優先して使われるため、

飲んだ水の量の十分の一しか大腸には届かないとも言われています。少ないですよね!

 

単純計算ですが毎日1リットルの水を飲めば、

100ccほどの水分が便を柔らかくするのに使われることになります。

けっして多くはない事が分かると思います。

 

 

 

ダイエットとお通じ

 

ここまで理想的なお通じの条件を見てきましたが、ダイエットはこれらの大事な事に

ことごとく反する事が多い事に気づかれたと思います。

 

ちなみにビタミンBは1種類ではなく、一般的にはビタミンB群と言われ

ビタミンB1・B2・B6・B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン

の8種類を指します。

 

これらのビタミンが多く含まれる食品は

ビタミンB6赤身の魚、ヒレ肉やささみ、などの脂が少ない肉類に多く含まれています。

植物性の食品では、バナナやパプリカ、さつまいも、玄米などにも比較的多く含まれています。

 

ビタミンB1豚肉に豊富に含まれます。

また豚肉には劣りますが、植物性食品では玄米、枝豆、豆腐に含まれています。

 

ビタミン12魚や卵、乳製品に多く含まれています。

ここまで見ると

ダイエットの時に積極的に食べないようにしている食品が多い事に気づくと思います。

 

また、食物繊維の多い食品を一部を挙げると、

 

穀類で 玄米、胚芽米、麦めし、とうもろこし

豆類で 煮豆、納豆、おから

芋類で さつまいも、こんにゃく、野菜で、ごぼう、ふき、セロリ、キャベツ

などです。

 

どれも大量に摂るのが難しいものばかりです。

 

ですから、他にも色んな条件はありますが、

健康な胃や腸をつくるビタミンB群の摂取を減らし、

お通じに直接関わる水や食物繊維がダイエットでは削られます。

 

必然的に便秘になってしまいやすくなるのです。

 

 

 

便秘の弊害

 

慢性的な便秘になると個人差はありますが、

イライラしたり、肩こりがひどくなったり、目眩がしたり、頭痛になったり

と様々な弊害があります。

特に女性はホルモンとの関係でさらに症状が大きくなる事もあるので、

やはり便秘は避けたいものです!

 

 

 

まとめ

 

ダイエットは便秘を誘発し易いので、基本にかえって

朝・昼・晩きちんとバランスの良い食事を摂る!

これが大事ですね♪

    

 

 

 

————
岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

問屋町店
〒700-0977 岡山県岡山市北区問屋町9-102
TEL086-236-6675

東岡山店
〒703-8233
岡山県岡山市中区高屋295-3
TEL086-230-0507

 

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

MEN

CATEGORY