2020.02.11

健康的にやせるためには【女性用】

 

※この記事は女性用の記事です。

 

健康的にやせるためには 食事の摂り方とバランスが大切

 

健康的にやせるには、

無理な食事制限や激しい運動などは逆に身体に負担を与えます。

 

では、どうすれば健康的にやせるのか?

それは、きちんと栄養バランスを考えた食事と適度な運動!これが基本になります。

 

ただ、”栄養バランス”といっても頭ではなんとなくわかっているけど実際には

「栄養バランス」って何?という方が多いのではないでしょうか。

 

正しい食事(栄養バランス)を摂らなければ、運動だけしてても健康的に痩せることはできません。

まずは、運動をする前に毎日の食事を整えることから始めてみましょう!

 

 

 

正しい食事(栄養バランス)の摂り方とは?

 

私たちの身体は、毎日の食事から栄養を摂りその栄養で身体を作り、

その食事から摂った栄養をもとに毎日活動しています。

そのため、食事をきちんと摂るのと摂らないのとでは、その後の活動の効率が全く違います。

だからといって、とりあえずなんでも食べればいい!というのは間違いで、

健康維持に大切なのは『バランスの良い食べ方』なのです。

ありがたいことに、現代の私たちのまわりには、あらゆる種類の食材があふれています。

ただ、食材は溢れているけれどそれぞれの食材に含まれる栄養が違うため、

毎日・毎回同じものばかり食べていては栄養が偏ってしまうのです。

その結果、身体のどこかに不調が出始めるのです。

 

「毎日ちゃんと食べてるつもりなのにおかしいな・・・」「体調が悪いな・・・」

もしかしたら栄養が偏ってる可能性があります。

 

 

バランスの良い食事とは?

 

では、「何」を「どれくらい」食べればよいかですが

「バランスの良い食べ方」として、4つに分類して解説していきます。

 

①主食  ②主菜  ③副菜  ④汁物

 

①主食とは

主食は、ごはんやパン、麺類といった穀物類で、力の源になり炭水化物を多く含みます。

 

②主菜とは

主菜は、魚、肉、卵、大豆などで作られたメインになるおかずです。

この主菜でタンパク質をたくさん摂取できます。

 

③副菜とは

副菜は野菜やきのこ、いも、海藻などをいい、食物繊維やミネラル、ビタミンといった

身体に必要な栄養素が副菜で摂取できます。

しかし、この副菜が足りてない場合が多く見受けられます。しっかり摂取していきましょう。

 

④汁物とは

ごはんとお味噌汁をセットで食べれば、

絶妙なバランスで三大栄養素(タンパク質・炭水化物・脂質)を摂取できます。

それはお味噌の原料は大豆なので、「ごはん+お味噌汁」はとてもよいバランスとなります。

特にお味噌汁は水分と塩分が同時に摂取でき、熱中症対策にも効果的です!

 

 

 

バランス良く毎日の食事に摂りいれよう!

 

これら上記の ①主食  ②主菜  ③副菜  ④汁物 

をバランス良く毎日の食事に摂り入れていくことが大切になります。

 

しかし、バランス良く摂り入れたとしても、自分の消費カロリーを知らず、

自分の消費カロリー以上にカロリー摂取してしまえば、やせることはできません。

 

まずは、自分の消費カロリーを知る必要があります。

その上で、アンダーカロリーを算出し、

1日に自分が摂取していいカロリーをバランス良く摂取していきましょう!

アンダーカロリー」については「①ダイエットに一番大切なこと」で説明してますのでご確認ください!

 

自分のアンダーカロリーを知り、1日に摂取するカロリーを自分の消費カロリーより少なくする。

そうすることで健康的にやせやすい身体になっていくのです。

 

 

 

まとめ

 

バランスの良い食事を摂ることが健康的にやせること。

しかし、自身の消費カロリー以上のカロリーを摂取してしまえばやせることはできません。

ちゃんと自身のアンダーカロリーを知って、その上でバランス良くカロリーを摂取することが大切になります!

 

 

————
岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

問屋町店
〒700-0977 岡山県岡山市北区問屋町9-102
TEL086-236-6675

東岡山店
〒703-8233
岡山県岡山市中区高屋295-3
TEL086-230-0507

 

 

 

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

WOMEN