RETIO BODY DESIGN

2019.01.30

引き締まったカラダをつくるために必要なこと【男性用】

レシオ 岡山 トレーニング ダイエット

※この記事は男性用の記事です。

ダイエットは女性だけのものではなく、男性にとっても切実な問題です。

お腹にたっぷりと乗った脂肪を落としたい、そう考えている人は多いのではないでしょうか。

脂肪燃焼に必要なのは以下の二つです。

 

    1. 適切な食事
    2. ×
    3. 適切なトレーニング

 

何はともあれ体脂肪の燃焼に大前提として必要なのは「食事のコントロール」です。

食事管理無くして脂肪の燃焼はまずあり得ません。

 

仮にあなたの一日の消費カロリーが2,200kcalだとします。

毎日2,500kcalずつ食べれば、差し引きした+300kcal分が一日の太り幅です。

毎日2,000kcalずつ食べれば、差し引きした-200kcal分が一日の痩せ幅です。

 

消費kcal<摂取kcalの状態=体重が増える

消費kcal>摂取kcalの状態=体重が減る

 

体重が増えるか減るかの差はこれだけです。

※かといってファスティングや絶食、○○だけ生活ではダイエットは必ず失敗します。理由はそれぞれの記事をご覧ください。

 

現在、世の中に出回っている「一日何分○○をするだけで痩せる」「○○を食べるだけ、飲むだけで痩せる」は全て嘘です。

全て嘘ですが、ここに「※但し【消費kcal>摂取kcal】の状態に限る」 という注意書きが入れば全て本当になります。

 

要は、摂取カロリーがご自身の消費カロリーを上回っている状態では何をどうやっても痩せないし、下回っている状態であれば何をどうやっても体重は減っていきます。

 

こんなにシンプルなロジックであるにも関わらず、この大前提を理解しようとしない人たちが、過剰に食事摂取をしながら一生懸命ランニングマシンで走っているという光景は、今日も日本全国どこにいっても見ることが出来ます。

 

ジムに通って「ランニングマシンで走っているだけ」「マシンで筋トレをしているだけ」では痩せないのです。

もちろん筋トレは必須です。【消費kcal>摂取kcal】の状態においては通常脂肪だけではなく筋肉もどんどん落ちていきます。いくら痩せてもただのガリガリの体になったのでは、当初の理想と現実の違いに落胆していまいます。

そのため、ダイエット中でも筋トレをして筋肉に刺激を与えることで、脳に「筋肉は必要なもの。落としてはいけない」と認識させることで初めて脂肪だけを落とすことが出来ます。

 

すなわち、脂肪を落とすこととトレーニングをすることは全くの別問題なのです。

脂肪を落とす=食事のコントロール

筋肉を維持する=筋トレ

それぞれ別々に考え取り組む必要があります。

 

以上を踏まえた上で他のコラムもそれぞれお読み頂ければ、ボディメイクの正しいやり方が解って頂けると思います。

引き締まったかっこいいカラダを作るのに近道はありません。

 

近道が無い代わりに、時間を掛けて取り組んだ体は嘘をつきません。

一年後に笑うか、一年後も効果の無い○○ダイエットに振り回されているか、選ぶのはあなたです。

 

 

————
岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

問屋町店
〒700-0977 岡山県岡山市北区問屋町9-102
TEL086-236-6675

東岡山店
〒703-8233
岡山県岡山市中区高屋295-3
TEL086-230-0507

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

MEN

CATEGORY