• TOP
  • 法人向けコラム
  • エニタイムフィットネスの法人会員プランのまとめ!料金プランやメリットも解説
2020.09.11

エニタイムフィットネスの法人会員プランのまとめ!料金プランやメリットも解説

スポーツジムの福利厚生の導入を検討する際に、エニタイムフィットネスの法人会員が気になっているという方も多いのではないでしょうか。

 

この記事ではエニタイムフィットネスの法人会員で気になる、以下のポイントを解説しています。

 

  • エニタイムフィットネスの法人会員プランの概要
  • メリット・デメリット
  • 料金の詳細
  • 岡山県でオススメのスポーツジム

 

筆者はプロのインストラクターとして活動しており、各社のスポーツジムの特徴を網羅しています。詳細まで説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

エニタイムフィットネスの法人会員プランを30秒でサクッと解説

引用元:エニタイムフィットネス HP

 

エニタイムフィットネスは国内500店舗以上、世界に4,500店舗以上展開しているスポーツジムです。

 

24時間営業なので、好きな時間にトレーニングが可能。基本的な筋トレ・有酸素運動器具は完備しています。

 

入会後1ヶ月たてば世界中のどの店舗でも利用が可能なので、出張の際なども気軽にトレーニングができます。

 

ただ、法人会員制度があるお店が少なく、他の店舗で利用しすぎると法人契約が自動的に解除されてしまうのがネックな部分です。

 

法人会員になる場合は、気をつけて利用する必要がありますね。

 

エニタイムフィットネスの法人会員プランのメリット6選

エニタイムフィットネスの法人会員プランのメリットは以下の6つ。

  1. 月額料金が安め
  2. 従業員の負担がない
  3. 24時間営業
  4. 入会キャンペーンを行っている場合が多い
  5. 店舗数が非常に多い
  6. 全国・全世界の店舗を利用できる

 

それぞれ解説します。

 

【メリット1】月額料金が安め

 

エニタイムは月額制となっていて、料金が比較的安めに設定されています。

 

店舗にトレーナーやスタジオプログラムがなく、基本的には自分達でトレーニングを行うので、安めの料金となっています。

 

法人が負担する月額料金も安いのは助かりますね。

 

【メリット2】従業員の負担がない

 

エニタイムフィットネスの法人プランは従業員の負担なく利用できます。費用は以下の通り。

  • 月会費:店舗によって異なる
  • セキュリティキー発行料:1枚5,000円

 

こららの費用を全て法人負担で利用することができます。月会費は7,000円前後の店舗が多いです。毎月無料でスポーツジムが利用できれば、社員の満足度も高まりやすいです。

 

健康に関する福利厚生を探しているのであれば、検討してみましょう。

 

【メリット3】24時間営業

 

エニタイムフィットネスは、全ての店舗が24時間営業です。

 

深夜や早朝好きな時間にトレーニングすることが可能となっています。深夜まで仕事があったり、出勤前に体を動かしたくなったりした場合でも、ジムに行くスケジュールが組みやすいですね。

 

就業時間が不規則な企業にもおすすめです。

 

【メリット4】入会キャンペーンを行っている場合が多い

入会キャンペーンを行っている店が多いです。入会月の月額料金やセキュリティキーの発行料が安くなる場合があります。

 

法人会員でもキャンペーンが適用されることが多いので、店舗に確認してみましょう。

 

【メリット5】店舗数が非常に多い

 

エニタイムフィットネスは国内に500店舗、世界に4,500店舗と非常に数が多いです。近所や事業所の近くにある可能性も高いですね。

 

出張先でも気軽にトレーニングが可能です。

 

【メリット6】全国・全世界の店舗を利用できる

エニタイムは入会後1ヶ月経てば、他の店舗も自由に利用可能です。セキュリティキーを持っていれば、いつでもジムに入ることができます。

 

ただ、1ヶ月の総利用回数の中で、法人契約した店舗を最も多く使わなければいけません。

 

契約店舗をメインで利用しつつ、他の店舗の回数が少なめになるように従業員に調整してもらいましょう。

 

エニタイムフィットネスの法人会員プランのデメリット8選

エニタイムフィットネスの法人会員プランのデメリットは以下の8つ。

  1. 法人会員に対応している店舗が非常に限られている
  2. 法人会員契約店舗を多く利用する必要がある
  3. 初心者向けオリエンテーションなどがない
  4. トレーニングプログラムがない
  5. お風呂やプールがない
  6. レンタル制度がない
  7. 鍵付きロッカーがない
  8. 店舗が狭いことがある

それぞれ解説します。

 

【デメリット1】法人会員に対応している店舗が非常に限られている

法人会員に対応している店舗が非常に限られています。

 

エニタイムフィットネスは、フランチャイズの店舗がほとんど。それぞれの運営会社が独自に法人会員サービスを提供しているので、対応店舗が少なくなっています。

 

会社の近くの店舗が対応しているか、しっかり確認しましょう。

 

【デメリット2】法人会員契約店舗を多く利用する必要がある

エニタイムフィットネスで法人会員契約をした場合、他店舗利用に注意。契約した店舗以外の利用が多すぎると、現在使っているところに契約が変えられてしまいます。それにより、料金体系も変更されるのがデメリット。

 

法人契約店舗以外のジムがメインの契約店舗になってしまった場合、法人契約が自動的に解除されます。請求も個人宛になってしまうので、法人契約した意味が無くなってしまいます。

 

従業員が他の店舗も使う予定がある場合には注意しましょう。

 

【デメリット3】初心者向けオリエンテーションなどがない

エニタイムフィットネスには、他のフィットネスジムにほとんどある初心者向けのオリエンテーションなどのプログラムがない場合もあります。

 

スタッフがいるので、器具の使い方については相談可能ですが、専門的なトレーニングや食事の知識については相談することが難しいです。

 

初心者でも自分でトレーニングについて勉強する必要がありますね。

 

【デメリット4】トレーニングプログラムがない

スタジオなどで行われるトレーニングプログラムがエニタイムフィットネスにはありません。

 

ヨガやエアロビクスなどの団体レッスンが無く、1人で黙々とトレーニングを行う必要があります。

 

集中力が続かなかったり、あまり運動の習慣がなかったりする従業員にとっては、少しハードルの高いジムになってしまいますね。

 

【デメリット5】お風呂やプールがない

フィットネスジムに多く設置されている大浴場やプールがありません。

 

24時間営業のジムでは、水質管理や掃除が難しいので設置されていないことが多いです。なお、シャワーはついているので汗を流すことは可能です。

 

トレーニングだけができるジムと認識しておきましょう。

 

【デメリット6】レンタル制度がない

エニタイムフィットネスには、タオルやウェアなどのレンタル制度がありません。

 

トレーニングを行う際は、自分で持っていく必要があります。

 

仕事終わりに向かうとなると、少し荷物が多くなってしまいますね。特にトレーニングシューズはかさばるので、カバンが1つ多くなってしまうこともあります。

 

月額ロッカーがあるお店もあるので、シューズだけでも預けておくなど工夫する必要がありますね。

 

【デメリット7】鍵付きロッカーがない

誰もが使える鍵付きロッカーが無いのもデメリット。

 

荷物を置くことができるロッカーはありますが、鍵がないので貴重品は自分で持ち歩く必要があります。

 

小さめのカバンを持ち込むか、月額ロッカーを契約して貴重品を管理するようにしましょう。

 

【デメリット7】店舗が狭いことがある

エニタイムフィットネスは店舗が非常に狭いことがあります。

 

ビルの1室に入ってる場合が多く、2〜3階建てのジムであれば、階を移動してトレーニングを行う必要がある店舗もあります。

 

器具がギチギチに設置されていると、ぶつかる可能性もあり少し危険です。事前に見学して広さを確認しておきましょう。

 

エニタイムフィットネスの法人会員プランの料金体系

エニタイムフィットネスの法人会員がある柏店を例に法人料金プランを紹介します。

 

企業が負担するのは以下の料金です。

  • セキュリティキー発行料:1人5,000円
  • 月会費:1人6,980円

 

人数分のセキュリティキー発行料と月会費を法人で負担することができます。入会金は発生しません。

 

法人会員では利用人数によって、以下のように月額会費が割引になります。

 

人数

料金

5〜9名

800円オフ

10名以上

1,100円オフ

 

これらの割引と一緒に月ごとの入会キャンペーンも適用可能です。セキュリティキーの発行料金が半額になったり、初月会費が無料になったりするので、店舗のキャンペーンを確認しておきましょう。

 

ただ、法人契約店舗以外の店舗を使い過ぎると、自動で法人契約が解除されるので注意が必要です。解除されてしまうと個人宛の請求に切り替わるので、会費を会社の経費にすることができません。

 

従業員としっかり確認を取って、契約店舗を多めに使ってもらうようにしましょう。

 

エニタイムフィットネスの法人会員がおすすめの企業

エニタイムフィットネスの法人会員がおすすめの企業は、以下の通りです。

  • 近くに法人会員対応店舗がある
  • 就業時間が不規則
  • 従業員の負担を少なくしたいと考えている

 

エニタイムフィットネスで法人会員に対応している店舗は非常に少ないです。法人会員になりたいのであれば、近くに対応店舗があることが大前提です。

 

24時間営業なので、就業時間が不規則な企業にも向いています。深夜に仕事が終わったり、1日の仕事量にばらつきがあったりして、帰れる時間が分からない場合でも、トレーニングが可能。いつでもジムに行けるので、スケジュールも立てやすいです。

 

会費を全て法人で負担することが可能です。従業員が1円も払わずにスポーツジムに行けるので、従業員の満足度も高まりやすいです。

 

近くに法人会員対応店舗があれば、検討してみてください。

 

岡山県で法人会員プランを探すならRETIOがおすすめな8つの理由

引用元:RETIO BODY DESIGN HP

 

岡山県で法人会員プランを探すならRETIOがおすすめです。理由は以下の8つ。

  1. 24時間営業
  2. 食事セミナーが無料
  3. マシンのオリエンテーションを受けられる
  4. セキュリティが高く安心
  5. コラーゲンマシンある
  6. 体験入会がある
  7. オプションでパーソナルトレーニングを受けられる
  8. 従業員の負担がない

それぞれ解説します。

 

【メリット1】24時間営業

RETIOは24時間営業なので、いつでも好きな時にトレーニングが可能。

 

早朝や深夜にトレーニングができるのでスケジュールを立てやすくなります。急な残業が入って帰りが遅くなったり、少しだけ筋トレがしたかったりした場合でも、気軽にトレーニングができますね。

 

【メリット2】食事セミナーが無料

食事セミナーを無料で受けることができます。

 

体重を減らしたり、筋肉を増やしたりする場合に1番大切なのは食事の内容です。トレーニングと合わせて必ず必要な知識になるので、しっかり学んでいきましょう。

 

セミナーの内容もトレーナーによる専門的なものなので、ネットで調べたものより正確な情報です。

 

何度でも無料で聞けるので、従業員の体を気遣いたいのであれば受講を勧めましょう。

 

【メリット3】マシンのオリエンテーションを受けられる

マシンの使い方のオリエンテーションを受けることができます。初めてスポーツジムに通う人は、どうやってマシンを使ったら良いのか分からない人も多いですよね。

 

スタッフやトレーナーがしっかりサポートしてくれるので、正しいトレーニング方法を身につけることができます

 

また、マシンの使い方動画もあり、いつでも確認可能。ジムに通ったことがない従業員が多くでも安心して利用できます。

 

【メリット4】セキュリティが高く安心

セキュリティが高く、安心して利用できるのもメリット。

 

スポーツジムを検討している女性の中には、1人でトレーニングをすることに抵抗がある人も多いでしょう。

 

RETIOには女性専用エリアがあり、防犯カメラも完備。入場もセキュリティキーが必須なので、安心して利用できます。

 

【メリット5】コラーゲンマシンある

オプション料金がかかりますがコラーゲンマシンがあるのもRETIOのメリット。

以下のような効果があります。

  • 美肌効果
  • 冷え性・むくみの改善
  • ホルモンバランスの改善
  • 良質な睡眠

 

体の調子を整え、美肌効果も高いです。女性に人気の福利厚生にもなる可能性も高いですね。

 

【メリット6】体験入会がある

30分の体験入会があるので、ジムに合っているかどうか確認することができます。

 

初めてスポーツジムに入る人にとって、筋トレやランニングなどのトレーニングが自分に向いているか少し不安ですよね。

 

RETIOでは30分間マシンの使い方をレクチャーしてくれながら、実際にトレーニングの体験ができます。未経験者でも安心して始められますね。

 

【メリット7】オプションでパーソナルトレーニングを受けられる

オプションでパーソナルトレーニングを受けることもできます。

 

価格は20回で65,660円、1回あたり60分間で約3300円とコナミスポーツよりもお得に利用できます。

 

短期間で結果を出したい社員が多いのであれば、ぜひ検討してみましょう。

 

【メリット8】従業員の負担がない

RETIOの法人プランは従業員の負担なく利用できます。

 

費用は以下の通り。

  • 入会費100,000円
  • カード発行5枚27,500円
  • セキュリティキー発行1枚につき5,500円

 

入会後は月額27,500円のみしかかかりません。それ以外の料金は発生しないので、従業員の負担金0円で利用してもらうことが可能です。

 

また、従業員間のセキュリティキーの共有利用も可能です。

 

社員がお得に利用できるので満足度も高まりやすいですね。

 

RETIOの法人会員プランが向いている企業

RETIOの法人会員プランが向いている企業は以下の通りです。

  • 岡山県で法人会員のスポーツジムを探している
  • 従業員の負担を少なくしたい
  • 多くの従業員に利用してもらいたい
  • 食事改善など健康的な体づくりを従業員にして欲しい

 

RETIOは岡山県に2店舗展開しているスポーツジムです。問屋町・東岡山に2店舗構えているので、近くに事業所がある場合は仕事終わりになどに気軽に利用できますね。

 

入会後にかかる料金は月額27,500円のみ。社員の負担もかかりませんので、お金の面でジムを避けてきた従業員もトレーニングに取り組むことが可能です。

 

また、従業員間のセキュリティキーの共有利用も可能。多くの社員にスポーツジムを利用してもらうことができます。

 

肥満や不健康な従業員に健康になって欲しいと考えている場合もおすすめ。トレーニングだけでなく食事セミナーも受けることができ、ダイエットに効果的な食事方法を学ぶことができます。

 

多くの従業員に健康になって欲しいのであれば、ぜひ検討してみてください。

 

自分の企業にあったスポーツジムの法人会員を選ぼう

この記事では、エニタイムフィットネスの法人会員について以下のポイントを解説しました。

  • 24時間営業
  • 従業員負担0円
  • 全国の店舗を利用可能
  • プールや大浴場はない
  • 他の店舗で利用し過ぎると自動的に法人会員解約
  • 法人会員対応店舗が少ない

 

エニタイムフィットネスは、24時間営業なのでいつでもトレーニングが可能です。深夜や早朝でも気軽にジムに行って汗を流すことができます。

 

法人会員では、企業が費用を全て負担することができます。従業員は無料でジムに行けるので満足度も高まりやすいですね。

 

入会後1ヶ月経てば、全国どの店舗のエニタイムフィットネスでも利用可能。出張先でもトレーニングができます。

 

プールや大浴場などの施設がないのが少しネック。トレーニング以外の方法でリフレッシュするのは難しいです。

 

また、契約店舗以外のエニタイムフィットネスを利用し過ぎると、自動的に法人会員が解約になってしまうので注意。

 

法人会員店舗も少ないので、近くに対応店舗があるかどうかしっかり確認しましょう。近くに対応店舗があるのであれば、検討してみても良いですね。

 

もし、事業所が岡山県にあるのであれば、24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」の法人会員もおすすめです。

 

従業員の数に関わらず、定額でサービスを受けることできるのに加え、以下の特徴があります。 

  • 費用面の個人負担がゼロ
  • スタジオプログラム等の無料利用
  • 2つの店舗は相互利用が可能

 

このような福利厚生のプランをご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。 

 

法人契約のご案内

 

岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

 

 

 

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

CORPORATE