2020.08.14

【2020年版】体脂肪を減らすお茶って効果はある?おすすめ商品10選

「体脂肪を減らすお茶はどれがおすすめ?」

「トクホと機能性表示食品は何が違うの?」

 

このような疑問を感じていないでしょうか。

 

最近では体脂肪を減らす効果を謳うトクホと機能性表示食品が増えてきました。

 

痩せるために日々食事制限や運動を行っている人は、取り入れてみたくなるかと思います。

 

しかしお茶だけでみても多くの種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

 

そこでこの記事では、体脂肪を減らす効果のあるお茶のおすすめ商品10選を紹介します!

 

タイプ別に分類して紹介しているので、ぜひ選ぶのに役立ててみてくださいね。

 

体脂肪を減らすお茶は2種類!トクホと機能性表示食品の違いとは?

体脂肪を減らす効果のあるお茶には、トクホ(特定保健用食品)と機能性表示食品の2種類があります。

 

お茶に限らずよく聞く名称ですが、具体的にどんな違いがあるのか理解している人は少ないのではないでしょうか?

 

ここではトクホと機能性表示食品はどう違うのかを解説していきます。

 

トクホ(特定保健用食品)とは?

トクホは、健康の増進に効果があることが科学的に証明されている食品のこと。

 

国が審査基準を満たしているかを評価し、合格したものは消費者庁長官の許可を受けてトクホとして発売できます。

 

つまりトクホのお茶は、体脂肪を減らす効果があることが科学的に証明されており国からも認められている商品ということです。

 

そのため体脂肪を減らす効果が十分期待できます!

 

機能性表示食品とは?

機能性表示食品は、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品のこと。

 

発売前に、機能性の根拠に関する書類がメーカー側から消費者庁長官に届け出されています。

 

今回の場合でいうと、体脂肪を減らすのを助ける・吸収を抑えるといった効果です。

 

しかし機能性表示食品の科学的根拠は、トクホと違い消費者庁長官の許可は受けていません。

 

効果についてはあくまでメーカー側の責任で、科学的な証明はされているわけではないのです。

 

機能性表示食品に効果がないとは言い切れませんが、国の許可を受けているという点ではトクホのお茶の方が安心です!

 

体脂肪を減らすのを助けるお茶の2つの選び方

体脂肪を減らすのを助けるお茶には、以下2つのタイプがあります。

 

  1. 体脂肪を減らすのを助けるタイプ
  2. 脂肪の吸収を抑えるタイプ

 

それぞれ飲むことによる効果や飲むタイミングが異なります。

 

順番に見ていきましょう。

 

1.体脂肪を減らしたいなら「体脂肪を減らすのを助ける」タイプを選ぶ

体脂肪を減らしたいと感じているなら、「体脂肪を減らすのを助けるタイプ」のお茶を選びましょう!

 

このタイプのお茶はすでについてしまった体脂肪を減らすのを助けてくれるので、食事制限や運動と合わせることで脂肪燃焼効果が高まります。

 

飲むタイミングとしてはいつでもいいので、水分補給として飲むのがいいでしょう。

 

ただ商品ごとに適量があるので、体脂肪を減らしたいからといってガブ飲みはせず決められた範囲で飲んでいきましょう!

 

2.体脂肪が増えるのを抑えたいなら「脂肪の吸収を抑える」タイプを選ぶ

体脂肪が増えるのを抑えたいなら「脂肪の吸収を抑える」タイプがおすすめです!

 

このタイプのお茶には、食事の時の脂肪吸収を抑える効果があります。

 

そのため食事の時に一緒に飲むことで、脂肪の吸収が抑えられて体につきにくくなります。

 

脂質の多い食べ物を好む人は、飲んでおくと脂肪がたまり太ってしまうのを防げますよ!

 

【脂肪減少】体脂肪を減らすのを助けるおすすめのお茶3選

ここからは「体脂肪を減らすのを助ける」効果のあるおすすめのお茶を3つ紹介します。

 

体脂肪を減らすため筋トレや運動に取り組んでいる人は、ぜひ選ぶ時の参考にしてみてください!

 

1.伊右衛門 特茶

引用 伊右衛門 特茶

 

伊右衛門から発売された緑茶のトクホ飲料です。

 

脂肪分解酵素を活性化させるケルセチン配糖体が含まれており、体脂肪を減らすのを助けてくれます。

 

また、伊右衛門では京都福寿園の茶匠が厳選した国産茶葉を使用しており、香り豊かな味わいも追求。

 

脂肪を減らすのを助けてくれる効果だけでなく味にもこだわっているので、毎日美味しく飲み続けられますよ。

 

2.ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て

引用 ヘルシア緑茶 うまみ贅沢仕立て

 

「かぶせ茶・深蒸し茶・刈り番茶」の3種の茶葉を使用した入れたての水々しさを味わえるトクホの緑茶です。

 

茶カテキンを540mgと豊富に含んでおり、脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高めてくれます。

 

お茶成分を豊富に含んでいるため、よく振ってから飲むようにしましょう。

 

3.ヘルシア紅茶a

引用 ヘルシア紅茶a

 

トクホとしては珍しい紅茶の商品。

 

脂肪燃焼効果のある茶カテキンを多く含んでおり、代謝を高めエネルギーとして消費するのを助けてくれます。

 

また、世界三大銘茶 「乳母(ウバ)茶葉」を50%も使用しており、紅茶としての味も十分。

 

紅茶が好きな人は特に飲みやすい商品です。

 

【脂肪の吸収を抑える】トクホのお茶のおすすめ商品5選

ここからは「脂肪の吸収を抑える」タイプのお茶のおすすめ商品を紹介します。

 

食事で脂肪がつくのを抑え、太らないようにしたい人はぜひ取り入れてみてください!

 

1.からだすこやか茶W

引用 からだすこやか茶W

 

「からだすこやか茶W」は脂肪だけでなく糖の吸収を抑える効果もある、1本で2つの効果をもったトクホ飲料です。

 

ほうじ茶をベースに烏龍茶と紅茶をブレンドしたスッキリと飲みやすい味で、どんな食品とも合わせやすくなっています。

 

太る原因である脂肪と糖の2つの吸収を抑えてくれるので、ダイエットに最適な商品です。

 

2.綾鷹 特選茶

引用 綾鷹 特選茶

 

急須で入れたような本格的な味が魅力の綾鷹のトクホ飲料。

 

難消化性デキストリン(食物繊維)の働きにより脂肪と糖の吸収を抑える効果があるため、体脂肪を減らしたい人に最適です。

 

トクホになってもその味わいは損なわれておらず、食事と合わせて飲みやすくなっています。

 

3.2つの働き カテキン緑茶

引用2つの働き カテキン緑茶

 

「2つの働き カテキン緑茶」はガレート型カテキンを含んでおり、脂肪の吸収を抑えるだけでなく血中コレステロールを減らす効果もあるトクホ飲料です。

 

苦味が少ないので飲みやすく、毎日の食事とも合わせやすくなっています。

 

また1.5Lと大容量なので、自分で飲むのはもちろん家族と分けて飲むにも十分な量です。

 

4.黒烏龍茶

引用 黒烏龍茶

 

ウーロン茶重合ポリフェノールを豊富に含み、脂肪の吸収を抑える効果のある黒烏龍茶です。

 

黒烏龍茶は苦味の強いものが多いですが、この商品は飲みやすさを意識して苦味を軽減。

 

スッキリした味わいに仕上げられており、毎日の食事にも合わせやすい味となっています。

 

5.黄金烏龍茶

引用 黄金烏龍茶

 

脂肪の吸収を抑えるガレート型カテキンを90%含んだ、烏龍茶のトクホ飲料です。

 

烏龍茶の中でもめずらしい希少茶葉の「黄金桂」と「鉄観音」を100%使用しており、甘い香りと濃厚な味わいを楽しめます。

 

スッキリとした飲み口なので、毎日の食事とも合わせやすいですよ。

 

【機能性表示食品】体脂肪を減らすのを助けるお茶のおすすめ2選

体脂肪を減らすのを助ける効果があるのは、トクホのお茶だけではありません。

 

ここからは機能性表示食品のおすすめ商品を紹介します。

 

1.伊藤園 おーいお茶 濃い茶

引用 伊藤園 おーいお茶 濃い茶

 

鮮度茶葉に抹茶を加えた濃いめの緑茶飲料。

 

体脂肪を減らす効果のあるガレート型カテキンを大量に含んでおり、脂肪減少効果が期待できます。

 

抹茶を加えたことで渋みを出しており、キレのある後味を楽しめますよ。

 

2.からだ巡り茶アドバンス

引用 からだ巡り茶アドバンス

 

クコの実・ハスの葉など、東洋の健康思想に基づく7つの素材を配合したブレンド茶。

 

7つの素材に加えて脂肪代謝効果の高いローズヒップ由来ティリロサイドを配合しており、体についた脂肪を減らすのを助けてくれます。

 

ローズヒップエキス由来ティリロサイドには、腹部全脂肪面積が平均18.5cm減少した結果が出ているため、脂肪減少効果が期待できますよ。

 

トクホのお茶だけでは痩せない!体脂肪を減らす5つの方法

ここまで体脂肪を減らすお茶を紹介してきましたが、当然ながら飲んでいるだけで痩せるわけではありません。

 

あくまで脂肪を減らすのを助けてくれるものなので、飲んでいても食べる量が増えれば太ってしまいます。

 

体脂肪を減らすために必要なのは食事と運動なので、それを行った上で補助的に飲むのがおすすめです。

 

ここからはお茶の効果を高まるために体脂肪を減らす5つの方法を解説していきます。

 

  1. 食事はアンダーカロリーに抑える
  2. PFCバランスを意識した食事をする
  3. 筋トレをする
  4. 有酸素運動をする
  5. 6〜8時間の睡眠をとる

 

順番に見ていきましょう。

 

1.食事はアンダーカロリーに抑える

毎日の食事は、アンダーカロリーに抑えることを意識しましょう!

 

アンダーカロリーとは、摂取カロリーが消費カロリーを下回っている状態のこと。

 

人は摂取カロリーを減らしていけば自然と痩せていきます。

 

1ヵ月で1kgの脂肪を減らすためには1日あたり240kcal消費が必要ですが、これを食事制限をせず運動でカバーしようとしたら毎日1時間強走らないといけません。

 

運動量を増やすより食事でのカロリー制限の方が簡単です。

 

毎日の食事のカロリーを計算し、アンダーカロリーになるように調整しましょう!

 

2.PFCバランスを意識した食事をする

食事はアンダーカロリーに加えてPFCバランスを意識しましょう。

 

PFCとはタンパク質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)の頭文字を撮ったもの。

 

PFCバランスを意識するとは、高タンパク・低脂質・中炭水化物の食事を心がけるということです。

 

前述したアンダーカロリーを心がけることは重要ですが、過度にカロリー制限をしてしまうのは逆効果です。

 

食事で十分な栄養素を摂取できていないと、体内で必要な栄養素を確保できなくなります。

 

特にタンパク質が不足した場合筋肉量が落ちてしまうので、それに伴って基礎代謝が低下し痩せにくい体になってしまうのです。

 

痩せるためには最低限のエネルギー確保は必要。

 

PFCバランスを意識した高タンパク・低脂質・中炭水化物の食事を摂取し、必要なエネルギーを確保しましょう。

 

また、食事の際に「脂肪の吸収を抑える」タイプのお茶を一緒に飲めば、余分な脂肪を貯めずにすみますよ。

 

3.筋トレをする

体脂肪を減らすためには、有酸素運動よりも筋トレが重要です!

 

なぜなら筋肉量が落ちて基礎代謝が低下するのを防げるからです。

 

前述したアンダーカロリーを意識していくと、体内で脂肪や筋肉を分解してエネルギーを確保する働きが生じます。

 

問題はこの時に脂肪だけでなく筋肉も分解しているということ。

 

筋肉量が落ちると基礎代謝が低下してしまいます。そのためアンダーカロリーを意識しているだけでは、次第に痩せにくくなってしまうのです。

 

筋トレをすれば筋肉量が落ちるのを防げます。

 

基礎代謝を維持するためにも筋トレを定期的に行いましょう!

 

4.有酸素運動をする

体脂肪を燃焼するために有酸素運動を取り入れましょう!

 

ランニングなどの有酸素運動を行えばその分消費カロリーが増えるので、体脂肪を減らしやすくなります。

 

ただ有酸素運動を行うなら、筋トレも一緒に行わないといけません。

 

なぜなら有酸素運動では脂肪だけでなく、筋肉も燃焼してしまい基礎代謝が落ちてしまうからです!

 

有酸素運動では大量の糖を消費するのですが、不足すると筋肉が燃焼されて糖不足を補おうとします。

 

そのため走れば走るほど筋肉が分解され、痩せにくい体になってしまうのです。

 

筋トレをすれば筋肉量を維持できますし、基礎代謝が上がればさらに痩せやすくなります。

 

基礎代謝を上げていけば有酸素運動の量は少なくてすみます。

 

まず筋トレを重点的に行い、合わせて有酸素運動を取り入れていくようにしましょう!

 

5.6〜8時間の睡眠をとる

食事・トレーニングの効果を高めるためにも6〜8時間の睡眠をしっかり取りましょう!

 

睡眠は体を休めることはもちろんですが、寝ている時に分泌されるホルモンが体脂肪を減らす上で重要です。

 

まず睡眠不足だった場合、コルチゾールという筋肉を分解するホルモンが分泌されます。

 

それと合わせてグレリンという空腹を刺激するホルモンも分泌されてしまうため、食事でアンダーカロリーを目指すのが難しくなってしまいます。

 

では逆に十分な睡眠を取っていた場合に分泌されるのは、レプチンという食欲を抑制するホルモン。

 

つまり睡眠をしっかりとればコルチゾールで筋肉が分解されるのを防げますし、レプチンによって食欲を抑えやすくもなるのです!

 

そのため体脂肪を減らすには睡眠は非常に重要。

 

なかなか睡眠時間を確保できないかもしれませんが、6〜8時間寝られるよう生活を見直してみてください。

 

まとめ〜トクホのお茶を取り入れ、体脂肪をうまく減らそう

最後にここまでの内容をまとめます。

 

  • トクホと機能性表示食品には、消費者庁長官の許可を受けているかの違いがある
  • トクホは効果が科学的に証明されている
  • 飲むだけでは痩せないので、食事制限・トレーニングの補助として摂取する

 

トクホのお茶を飲んでいるだけでは体脂肪は減りませんが、食事制限・トレーニングと合わせて摂取していくと効果をさらに高められます。

 

あくまで原料の補助的なものですが、飲むことによる効果は期待できます。

 

この記事を参考にぜひ体脂肪を減らすのに役立ててみてください!

 

このコラムでは他にもダイエットやボディメイクに関する有益な情報を配信しています。

 

興味のある方は他の記事もご覧になってみてくださいね。

 

岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

UNISEX