• TOP
  • 男女共通コラム
  • 【危険】8時間ダイエットはリバウンドのリスク大!確実に痩せる方法とは?
2020.08.14

【危険】8時間ダイエットはリバウンドのリスク大!確実に痩せる方法とは?

「8時間ダイエットはリバウンドする?」
「リバウンドしないためにはどうすればいいのかな…」

このような疑問を感じていないでしょうか。

 

8時間ダイエットは1日の食事を8時間以内にすませ、残りの時間は何も食べないというダイエット。

 

ファスティングの1種で、短期間で体重を減らすことができます。

しかし効果の高い反面、「リバウンドしてしまうんじゃ…」と感じている人が多いかと思います。

 

結論からいうと、8時間ダイエットはリバウンドのリスクが高いのでおすすめしません!
痩せた体型をキープしたいのであれば、他の方法で行うべきです。

 

この記事では8時間ダイエットがリバウンドしてしまう原因と、正しいダイエット方法について解説していきます。

8時間ダイエットはリバウンドする!実践した人の口コミ

8時間ダイエットを実践した人からは、このように痩せたもののリバウンドしてしまったという口コミが多く見られました。

 

8時間ダイエットは短期間で痩せられて効果は高いのですが、その分リバウンドのリスクも高いのです。

 

実践した人の多くがリバウンドしてしまっています。

 

そもそも8時間ダイエットとは?

8時間ダイエットとは、1日の食事を8時間以内にすませ、残りの16時間は何も食べないというダイエット方法です。

 

1日のうち8時間は何を食べてもOK。基本的には体に優しい食材を取るようにしましょう。

 

その代わり、残りの16時間は水分摂取のみ。何も摂取しない断食の時間を作ります。

 

16時間食べないというと大変そうですが、人は6〜8時間程度は睡眠に当てています。

 

半分くらいは睡眠に使われるので、実質8〜10時間程度の断食です。

 

この生活をすると、自然と摂取カロリーが減少するため痩せられます。

 

また、食べない時間を作ることで内臓を休ませ、腸内環境の改善や免疫力の向上といった効果も得られます!

8時間ダイエットでリバウンドする原因

8時間ダイエットでリバウンドしてしまうのは、以下の原因があります。

  1. 回復食が適切に取れていない
  2. 筋肉量が減少する

順番に見ていきましょう。

 

 

【リバウンドする原因1】回復食を適切に取れていない

8時間ダイエットがリバウンドしてしまうのは、回復食を取らずに元の食生活に戻すのが原因です!

 

他のダイエット法にも当てはまるのですが、1ヵ月で体重の5%以上痩せてしまうと体が「生命の危機」だと判断。

 

その結果体内では少ないエネルギーで生命を維持しようという働きが始まってしまい、脂肪を過剰に蓄えようとしてしまいます。

 

8時間ダイエットを行って、摂取カロリーをおさえていれば太りません。しかし、もとの食事に戻すと以前より過剰にエネルギーを吸収します。

 

そのため必要以上に脂肪をため込んでしまい、太ってしまうのです。

【リバウンドする原因2】筋肉量が減少する

8時間ダイエットをすると筋肉量が減少します。足りないカロリーを補うために、脂肪とともに筋肉も分解されるからです。

 

さらに8時間ダイエットでは意識的にタンパク質を取る必要があります。日本人の食事はもともと糖質過多。食事制限をするときに、意識しないとタンパク質を減らしがちです。

 

タンパク質は筋肉を作るのに重要な栄養素なので、不足すると筋肉量が減少。基礎代謝が低下するので、痩せにくい体になってしまいます。

8時間ダイエットの3つのメリット

リバウンドのリスクの高い8時間ダイエットですが、以下3つのメリットもあります。

  1. 自然とカロリー制限になる
  2. 胃腸を休められる
  3. 代謝酵素が増加する

順番に見ていきましょう。

【メリット1】自然とカロリー制限になる

8時間ダイエットを行うと、自然とカロリー制限になります。

 

このダイエットは、8時間は好きなように食事し16時間は水分以外とらないというもの。
食事量が減るため意識しなくても自然とカロリー制限になります。

 

ただ8時間何でも食べていいからといって、ドカ食いをして摂取カロリーが増えると痩せられません!

 

何を食べてもいいからといって食べ過ぎは禁物です。

 

【メリット2】胃腸を休められる

8時間ダイエットは16時間食事をとらないため、胃腸を休められます!

 

胃腸を休めることで、内臓の消化・吸収・解毒・排泄機能が向上。腸内環境の改善にもつながるので免疫力が高くなります。

 

また、ぜん動(ぜんどう)運動という消化した食べ物を体外に排出する腸の機能が活発になるため、便秘解消にもつながりますよ。

 

【メリット3】代謝酵素が増加する

8時間ダイエットを行うと、代謝酵素が増加します!

 

酵素には以下2つの種類があります。

  1. 消化酵素(唾液や胃液など、食べ物を消化する際に必要な酵素)
  2. 代謝酵素(消化酵素によって消化された栄養素をエネルギーに変え、健康維持のために働く酵素)

 

1日で生産できる酵素の総量は大体決まっています。そのため、1日の中で食事をする時間が多いと、消化酵素の働きが多くなり代謝酵素が落ちてしまいます。

 

代謝酵素の減少は風邪を引きやすくなるなど、体調不良の原因に。

 

しかし16時間食べない時間を作ることで、代謝酵素が上昇し、免疫力向上・ホルモンバランスの調整などの効果がみこめます。

 

8時間ダイエットを成功させる3つのコツ

8時間ダイエットをリバウンドせず成功させるには、以下3つのことに注意しましょう。

  1. 減量を体重の5%までに留める
  2. 水分としてジュースやスポーツドリンクなど甘いものを取らない
  3. 食いだめをしない

順番に見ていきましょう。

【成功させるコツ1】減量を体重の5%までに留める

8時間ダイエットに限りませんが、1ヶ月の減量は体重の5%以内にとどめましょう!

 

それ以上の減量は体が生命の危機と判断してしまい、脂肪を過剰にため込みます。

 

早く痩せたいとは思いますが、リバウンドしたくないのであれば一気に体重を落としすぎないようにしましょう。

 

【成功させるコツ2】水分としてジュースやスポーツドリンクなど甘いものを取らない

16時間の食べない時間帯は水分のみ取れますが、ジュースやスポーツドリンクなど甘いものはNG!

 

糖質を体に入れているため、気づくとオーバーカロリーになる可能性があります。また、8時間ダイエットでは、お酒もNG。内臓を休ませられるメリットが無くなってしまうからです。

 

水分をとるなら水やお茶など、糖分の含まれていないものにしましょう。

 

【成功させるコツ3】食いだめをしない

16時間食べないからといって、8時間のうちに食いだめするのはやめましょう!

 

8時間ダイエットでは食事をしない時間16時間と長いため、空腹にならないよう食いだめをする人が多いです。

 

しかし8時間で過食をしてしまうと、結局カロリー過剰になってしまうので痩せられません。また過食で胃腸に負担をかけてしまうため、前述した代謝酵素の減少にもつながります。

 

空腹を感じた場合はお茶など糖分のないものを飲む、シュガーレスのガムを噛むなどして紛らわせるようにしましょう!

 

もうリバウンドしない!無理せず痩せるための7つの方法

ダイエットするならリバウンドせず体型をキープしたいですよね。

 

リバウンドしないためには、無理のない方法でコツコツ継続することが重要です。

 

ここからはリバウンドすることなく無理せず痩せるための7つの方法を解説します。

  1. 食事をアンダーカロリーにする
  2. PFCバランスを意識した食事をする
  3. 食事を小分けにして空腹状態を作らない
  4. 筋トレで筋肉量を維持する
  5. 有酸素運動で脂肪を燃焼する
  6. 6時間以上の睡眠をとる
  7. 確実な目標を立てて継続する

順番に見ていきましょう。

 

【ダイエット法1】食事をアンダーカロリーにする

食事ではアンダーカロリーにすることを心がけましょう!

 

アンダーカロリー とは、消費カロリーが摂取カロリーを上回っている状態。

 

消費カロリーの方が多くなれば、人は自然と痩せていきます。ただ過剰に減らしすぎるのは、体調を崩す原因になるのでNG。

 

アンダーカロリーになりすぎないよう、消費カロリーの90%は摂取するようにしましょう!

 

【ダイエット法2】PFCバランスを意識した食事をする

アンダーカロリーに加え、PFCバランスを意識した食事をしましょう!

 

PFCとはタンパク質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の頭文字をとったもの。

 

これらの摂取のバランスを考えるのが、PFCバランス。イエットをするには高タンパク・低脂質・中炭水化物の食事をするのが有効です。

 

アンダーカロリーを意識するあまり糖質不足になると、エネルギー確保のため脂肪と筋肉が分解され、基礎代謝が低下してしまいます。

 

そうなると痩せにくい体になっていき、ダイエット効果を得られません。必要な栄養素を確保するため、PFCバランスを意識した食事を取りましょう!

 

【ダイエット法3】食事を小分けにして空腹状態を作らない

1日3食にこだわらず、食事を小分けにして空腹状態を作らないようにしましょう!

 

前述したように空腹状態から急激に血糖値が上昇するとインスリンが大量に分泌されるため、、体に脂肪が溜め込まれやすくなります。

 

逆に言えば、こまめに食事をして空腹状態を作らないようにすれば脂肪を溜め込みにくくなります。

  • 朝食
  • 間食
  • 昼食
  • 間食
  • 夕食

このように1日5食ほどこまめに取り、空腹にならないようにしましょう!

 

ただ間食にポテトチップスなどのお菓子を食べるのはもちろん良くありません。
前述したPFCバランスも考えて、間食を 摂取食べるようにしましょう。

 

【ダイエット法4】筋トレで筋肉量を維持する

食事の改善に加え、筋トレで筋肉量を維持していきましょう!

 

体重が落ちる過程で脂肪とともに筋肉も分解されてしまいます。

 

筋肉量が落ちると基礎代謝が低下し痩せにくくなるので、なかなか体重が減らなくなってしまいます。

 

しかし筋トレを行い、PFCバランスを意識した高タンパクの食事をとっていれば、筋肉量を維持することが可能。基礎代謝低下も防げるので、ダイエットが行いやすくなります。

 

食事の改善と合わせて筋トレも行っていきましょう!

 

【ダイエット法5】有酸素運動で脂肪を燃焼する

有酸素運動で体を動かし、脂肪を燃焼していきましょう!

 

体を動かすことで消費カロリーが増えるので、アンダーカロリーを目指しやすくなります。

 

ただ脂肪を燃焼したいからといって、有酸素運動をやりすぎても逆効果です。

 

なぜなら有酸素運動では脂肪だけでなく筋肉も燃焼してしまうからです。

 

有酸素運動では体内の糖を消費するとともに、脂肪や筋肉を分解していきます。

 

ここまで解説してきたように筋肉の分解は基礎代謝の低下につながるので、有酸素運動をすればするほど痩せにくい体になってしまうのです。

 

筋トレを合わせて行えば筋肉量の減少は抑えられますが、有酸素運動の頻度が多いと筋トレではカバーできなくなります。

 

有酸素運動はやりすぎず週2回程度に抑えておきましょう。

 

【ダイエット法6】6時間以上の睡眠をとる

食事や運動だけでなく睡眠をしっかりとることも同じくらい重要です!

 

睡眠をしっかりとると、レプチンという食欲を抑えてくれるホルモンが分泌されます。

 

しかし睡眠不足になってしまうとグレリンという空腹を刺激するホルモンが分泌されるので、余計な間食をしやすくなります。

 

筋トレや有酸素運動で動かした体を休める意味でも睡眠は重要。

 

忙しくてもなるべく6時間以上は眠るようにしましょう!

 

【ダイエット法7】確実な目標を立てて継続する

ダイエットで大切なのは、継続すること。

 

そのためには無理な目標ではなく確実にできる目標をたてて、少しずつ痩せていくことが重要です!

 

例えば1ヶ月で10kg痩せるといった無理な目標を立てても達成できませんし、自己嫌悪につながり挫折しやすいです。

 

また達成できたとしても無理なダイエットはリバウンドの原因になるので、結局うまくいきません。

 

目標を高くしすぎるのではなく、1ヵ月で1kg痩せるといった実現可能な目標をたてて少しずつ痩せていくのが1番確実です。

 

リバウンドをしたくないのであれば、ダイエットを継続して少しずつ痩せていくことを目指しましょう!

 

まとめ

最後にここまでの内容をまとめます。

  • 8時間ダイエットはリバウンドしやすい
  • 急激に痩せてしまうことがリバウンドの大きな原因
  • リバウンドしないためには少しずつ確実に痩せていくのが1番

少しでも早く痩せるためにダイエット効果の高いものに手を出しがちですが、急減なダイエットはリバウンドにつながります。

 

8時間ダイエットは効果が高いですが、リバウンドしやすいため体型を維持するのは難しいです。

 

リバウンドしないためには食事制限や運動で少しずつ痩せていくのが1番。

 

ダイエットは長期的に考えて継続して行っていきましょう!

 

このコラムでは他にもダイエットに関する情報を多数発信しています。

 

興味のある人はぜひ目を通し、自身のダイエットに生かしてみてくださいね。

岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

SHARE ON

Twitter Facebook

OTHER ARTICLE

RANKING

UNISEX