バナナダイエットは痩せる効果アリ!やり方や注意点を解説 | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2021.08.13

バナナダイエットは痩せる効果アリ!やり方や注意点を解説

「バナナダイエットって効果があるの?」

「バナナダイエットの詳しいやり方が知りたい!」

「朝と夜、どちらに食べるといいの?」

 

このような疑問にお答えしていきます。

 

バナナダイエットは、その名の通りバナナを食べることで行うダイエットです。食事をバナナに変えるだけの簡単なやり方で、高いダイエット効果が期待できます。

 

しかし具体的なやり方はどんなものなのか、本当に痩せられるのかなど、疑問に感じることもあるでしょう。

 

そこでこの記事では、以下の点について詳しく解説していきます。

  • バナナダイエットのやり方
  • 効果的な理由
  • 成功させるポイント
  • 失敗する原因

健康的に痩せるコツも解説するので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 

バナナダイエットのやり方

バナナダイエットのやり方は至ってシンプルで、1食バナナ1〜2本と常温の水を摂取するだけです。

 

3食のうち1食のみをバナナにして、残りの食事はいつも通りで問題ありません。

 

バナナは栄養素が豊富で、ビタミンB群やカリウムも含まれています。この2つの栄養素は、代謝を促進してくれるため、ダイエット効果が高いのです。

 

また、食事をバナナだけにすると、1食あたりのカロリー摂取量を減らすことにもつながります。

 

そのため、シンプルで簡単ながら、高いダイエット効果が期待できるのです。

 

なお、バナナは筋トレ中にも最適です。こちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/banana_kintore/"]

筋トレ前後にバナナを食べる5つのメリットと最適なタイミングを現役トレーナーが解説

 

バナナダイエットが効果的な3つの理由

非常に簡単で取り組みやすいバナナダイエットですが、なぜ効果的なのでしょうか?

 

バナナダイエットは、以下の理由から効果的だと考えられています。

  1. 基礎代謝が高まる
  2. 低GI食品でカロリーが低い
  3. 便秘が解消される

順番に見ていきましょう。

 

【理由1】基礎代謝が高まる

バナナには、基礎代謝をあげるビタミンB群が豊富に含まれています。

 

より具体的にいうと、ビタミンBは種類ごとに以下のような効果があります。

  • ビタミンB1:糖質の代謝
  • ビタミンB2:脂質の代謝
  • ビタミンB6:タンパク質の代謝

基礎代謝が高いと、日常生活で多くのカロリーが消費されます。

 

つまり、バナナを摂取することで痩せやすい体になっているため、ダイエットが楽になりどんどん痩せられるのです。

 

逆に基礎代謝が低い状態だと消費カロリーが低いため、ダイエットに取り組んでもなかなか痩せられません。

 

バナナダイエットは、栄養の面からも効果の高いダイエットといえます。

 

【理由2】低GI食品でカロリーが低い

バナナ1本(100g)に含まれるカロリーは、約86kcal。

 

ごはん1杯(150g)は252 kcalなので、バナナダイエットなら半分以下のカロリー量に抑えられます。

 

バナナは果物なので甘みがあり、糖質は高いですが、砂糖とは違って天然由来のもの。GI値が47と低く、インスリンの分泌が少なめでゆるやかに糖が吸収されます。

 

GI値とは、食後に血糖値がどのぐらい上がるかを数値にしたもので、GI値55以下のバナナは低GI食品のひとつ。

インスリンの分泌が少ないバナナは、中性脂肪が溜まりにくい食材なのです。

 

【理由3】便秘が解消される

バナナには食物繊維が豊富なので、腸内環境をよくして便秘を解消する効果があります。

 

便秘は腸内環境のバランスが崩れた状態なので、食事で摂取した栄養素をうまく吸収できません。そのためしっかり食事をとっているにも関わらず栄養不良になり、基礎代謝が低下して痩せにくい体になってしまうのです。

 

もしダイエットがうまくいかないようなら、便秘になっていることが原因かもしれません。バナナで便秘が解消されれば、ダイエットがよりスムーズになるでしょう。

 

バナナダイエットはいつ食べるのが効果的?朝と夜で比較

バナナダイエットについては、朝と夜が効果的な時間帯とされています。

 

どちらの方がいいということはないので、メリットを比較した上で自分に合った・行いやすい時間帯で実践するのが有効です。

 

ここからは朝バナナダイエットと夜バナナダイエット、それぞれのメリットを見ていきましょう。

 

朝に食べるメリット

バナナには酵素作用があり、体内に溜まった毒素を排出する効果があります。

 

特に午前4時〜正午までが最も消化に適した時間帯と言われているため、朝食べることで酵素効果を得やすいのです。

 

また、バナナは摂取時の満腹感と腸への刺激を起こす「不溶性食物繊維」が豊富です。腸への刺激によってダイエットの妨げとなる便秘を解消できるので、ダイエット効果を得やすくなります。

 

夜食べるメリット

夜バナナダイエットは、新陳代謝を高められるため効果的と考えられています。これはバナナに含まれる「アルギニン」に、体脂肪をエネルギーに変える効果があるためです。

 

また、人間は22〜2時の間に脂肪燃焼を促す成長ホルモンの分泌が活発化します。バナナを食べると成長ホルモンの分泌が促進され、脂肪が燃えやすくなるのです。

 

さらにバナナは低GI食品で、脂肪が貯まるのを防ぐ効果もあります。つまり夜バナナダイエットは、脂肪が溜まるのを防ぎつつ脂肪燃焼を促進できるダイエット法なのです。

 

バナナダイエットを成功させる3つのポイント 

バナナダイエットを成功させるポイントは、以下の3つです。

  1. しっかり噛んで食べる
  2. 常温の水以外は飲まない
  3. アレンジにこだわらない

詳しく見ていきましょう。

 

【ポイント1】よく噛んで食べる

バナナを食べるときは、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。

 

よく噛むことで唾液が分泌され、消化が良くなるだけでなく、満腹感を感じやすくなります

 

早食いは肥満に繋がることが、近年の研究でわかっています。

 

しっかり噛んで食べれば、肥満や虫歯の予防にもなり、一石二鳥です。忙しいからといってながら食べをするのはやめて、集中してよく噛み、味わって食べるようにしましょう。

 

【ポイント2】常温の水以外は飲まない

バナナダイエットで飲む水は、常温の水のみにしましょう。冷たい水は体を冷やし胃腸に負荷をかけるため、ダイエットには不向きです。

 

バナナダイエットで失敗する人の多くが、カロリーが少ないからといって水以外の飲み物を摂取しています。

 

たとえ少量でも、甘いジュースを飲んでいては意味がありません。また、コーヒーのような刺激物もNGです。

 

常温の水以外は飲まず、バナナと水だけで1食を済ませるようにしましょう。

 

【ポイント3】アレンジにこだわらない

1食をバナナと水だけで続けようとすると飽きてしまい、あれこれアレンジしたくなることもあると思います。

 

しかし、アレンジはカロリーを増やしやすく、効果が感じにくくなる原因になります。

 

アレンジにこだわらず、シンプルにバナナを味わうのが成功のコツ。バナナの食べ方にこだわるより、残りの2食をバランス良く食べることにこだわりましょう。 

 

バナナダイエットで痩せるのは嘘?失敗する3つの原因とは

バナナダイエットを行なった方の中には、痩せるどころか太ってしまったという声も見られます。

 

バナナは低カロリーで太りにくい果物ですが、それでもダイエットに失敗したのなら、以下のことが原因と考えられます。

  1. 栄養不足
  2. 他の食事を食べすぎ
  3. リバウンド

順番に見ていきましょう。

 

【原因1】栄養不足

1食バナナだけという食事を続けていると、1日に食事から得られる栄養素が減少してしまいます。

 

すると体は飢餓状態となり、エネルギー確保のため脂肪や筋肉を分解し始めます筋肉が減少すれば基礎代謝が低下するので、徐々に痩せにくい体になっていくのです。

 

バナナダイエットを続ける以上1食の内容は変えられないので、他の2食で栄養バランスを調整するようにしましょう。

 

【原因2】他の食事を食べすぎ

バナナダイエットでは、1食はバナナ1〜2本と決められており、残りの2食は自由に食べられます。

 

いくら2食は自由でいいといっても、食べすぎてしまえばかえって太ってしまい痩せられない原因に。

 

バナナダイエットでは消化のいいバナナしか食べないため、空腹を感じて間食してしまうのも失敗する原因です。

 

バナナ以外の食事を食べすぎてしまわないよう、食事内容やカロリー摂取量には十分注意しましょう。

 

【原因3】リバウンド

バナナダイエットで痩せられたとしても、その後元の食事に戻すとリバウンドしてしまう危険性があります。

 

1ヶ月に体重の5%以上痩せてしまうと体が生命の危機と判断し、少ないカロリー量で命を維持しようと働き出します。

 

1食から蓄えられる脂肪量が通常より増えるため、元の食事に戻しカロリー量が増えるとリバウンドしてしまうのです。

 

長期的に継続できないなら、バナナダイエットの効果を維持するのは難しいでしょう。

 

バナナダイエットだけでなく運動も大切!健康的に痩せる4つのコツ

リバウンドをしたくないなら、無理な食事制限のない、継続しやすいダイエットを行いましょう。

 

健康的に痩せられる、ダイエットのコツは次の4つです。

  1. PFCバランスを意識する
  2. 食事をアンダーカロリーにする
  3. 筋トレと有酸素運動を行う
  4. 十分な睡眠をとる

順番に見ていきましょう。

 

【コツ1】PFCバランスを意識する

毎日の食事で、PFCバランスを意識しましょう!

 

PFCとはタンパク質(Protein)・脂質(Fat)・炭水化物(Carbohydrate)の頭文字を取ったもので、これらをバランスよく食べるのが栄養面でも重要です。

 

食事から摂取する栄養素が不足していると、エネルギー確保のため筋肉まで分解され、基礎代謝が低下してしまいます。

 

基礎代謝が落ちれば痩せにくくなるので、ダイエットが成功しづらくなります。基礎代謝を維持するためにも、PFCバランスの取れた食事を心がけましょう!

 

【コツ2】食事をアンダーカロリーにする

食事面では、アンダーカロリーを意識することも重要です。

 

アンダーカロリーとは、摂取カロリーより消費カロリーの方が多い状態のこと。消費カロリーの方が多ければ、摂取した分もすべて消費されるため自然と痩せられます。

 

ただカロリーを減らすことにこだわるあまり、栄養が不足し飢餓状態になると、筋肉が分解されて基礎代謝が低下するので意味がありません。

 

前述したPFCバランスも意識しつつ、アンダーカロリーを目指すようにしましょう!

 

【コツ3】筋トレと有酸素運動を行う

ダイエット効果を高めたいなら、筋トレと有酸素運動の両方を実践しましょう!

 

筋トレで筋肉量を増やせば基礎代謝が向上するため、痩せやすい体を作れます。さらに有酸素運動を行なっていれば、カロリー消費量が増えてダイエット効果が高まるでしょう。

 

確かに、有酸素運動にはやりすぎると筋肉まで燃焼してしまい、基礎代謝の低下につながるという欠点もあります。

 

しかし、筋トレを合わせて行なっていれば、有酸素運動で筋肉量が減少するのを防げます

 

適度に運動を行うことで、さらにダイエット効果が高まるでしょう。

 

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/workout-aerobic-exercise/"]

【効果倍増】筋トレと有酸素運動の順番は?時間配分や効果的なやり方を解説

 

【コツ4】十分な睡眠をとる

あまり知られていませんが、十分な睡眠をとることもダイエットでは重要です。

 

睡眠が足りていないと、空腹を刺激する「グレリン」というホルモンが分泌されるため、つい過食をしてしまい、ダイエットが失敗する原因になります。

 

逆に十分な睡眠が取れていると、食欲を抑える「レプチン」というホルモンが分泌されます。食事制限もしやすくなり、ダイエットがうまくいきやすいのです。

 

必要な睡眠は7時間程度です。最低でも6時間以下にはならないよう、十分な睡眠を心がけていきましょう!

 

まとめ|バナナダイエットだけで痩せるのは難しい!食事や適度な運動も取り入れよう

バナナダイエットはカロリー調整がしやすく、効果の高いダイエット方法ですが、以下の点には注意が必要です。

  • 残りの2食は栄養バランスの取れた食事にする
  • 筋トレや有酸素運動も同時に取り組む
  • 睡眠時間を確保する

 

確実に痩せたいなら、バランスのいい食事と運動によるダイエットがおすすめ健康的に、リバウンドすることなく痩せられメリハリのあるボディが保てるでしょう。

 

どのような食事と運動を行えばいいか分からない場合は、パーソナルトレーニングを受けてトレーナーに相談するのも有効です。

 

このコラムを運営する岡山県のフィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」では、食事を重視したトレーニングによるボディメイクを指導しています。気になる方は、ぜひ一度見学にお越しください!

 

このコラムでは、他にもダイエット・ボディメイクに関するお役立ち情報を発信しています。ぜひ他の記事もご覧下さい。

 

岡山の24時間フィットネスジム「レシオ ボディ デザイン/RETIO BODY DESIGN」

 

2024.05.31

【2024年最新版】淡路島でおすすめのパーソナルトレーニングジム5選を徹底解説!

2024.05.28

【2024年最新版】赤磐・瀬戸でおすすめのパーソナルトレーニングジムを徹底解説!

2024.05.27

【2024年最新】静岡駅周辺でおすすめのパーソナルトレーニングジム14選を紹介!

2024.05.16

【2024年最新版】神戸市須磨区でおすすめのパーソナルトレーニングジム3選を徹底解説!

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る