胸を小さくしたい人は見ないと損!手っ取り早く小さくする方法やファッション、運動方法を詳しく紹介 | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2023.11.26

胸を小さくしたい人は見ないと損!手っ取り早く小さくする方法やファッション、運動方法を詳しく紹介

「胸が大きくて気になる」

「胸を小さくしたい!」

「胸を小さく見せる方法はないの?」

 

と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

結論からいうと、胸を小さく見せる方法はあります。胸を小さくするには、以下の方法が有効です。

  • 小さく見せるブラジャーをつける
  • ファッションで体型をカバーする
  • 食生活を変える
  • 有酸素運動を行う

この記事では、手っ取り早く胸を小さくする方法を紹介します。

 

すぐにでも胸を小さくして悩みを解消したい人はぜひ実践してみて下さい。

手っ取り早く胸を小さくする方法

 

胸を手っ取り早く胸を小さくするには、以下の方法があります。

  • 胸を小さく見せるブラジャーをつける
  • 痩身クリームをつける
  • 美容整形をする

ブラジャーや痩身クリームはお店で購入できるので、すぐにでも悩みを解消したい方におすすめです。

 

胸を小さくするにはどんなブラジャーがよいのか、痩身クリームを塗るとどんな効果があるのか、詳しく解説していきます。

【胸を小さくする方法1】 胸を小さく見せるブラジャーをつける

胸を小さく見せるブラジャーをつけると、バストダウンができます。特に、以下のブラジャーを使うのがおすすめです。

  • フルカップブラ
  • さらしブラ

フルカップブラは、胸の広がりやトップの高さを抑えてくれるので、バストダウンさせたい場合に有効です。

 

さらしのような形状のブラは、胸に布を巻いて平らに見せ、胸のボリュームを抑えられます。

 

フルカップブラやさらし形状のブラは、ネット販売でも購入できるのですぐにでも悩みを解消したい方におすすめです。

【胸を小さくする方法2】痩身クリームを塗る

胸は脂肪でできているので、引き締め成分が配合されているクリームを塗るとバストダウンの効果が期待できます。

 

クリームを塗るだけなのでストレスフリーです。

 

すぐに効果が期待できるので、面倒な作業が苦手な人や短期間で痩せたい人におすすめします。

【胸を小さくする方法3】美容整形をする

美容整形で余分な脂肪や乳腺をとると胸が小さくなります。 

 

整形の影響で授乳するときに支障がないか心配な方もいると思いますが、特に影響はありません。

 

若いうちに手術をすれば、手術跡もそんなに残らないので安心です。

胸を小さくしたい時に着たいファッション

胸の大きさは、ファッションでカバーができます。

 

以下のファッションを取り入れると、胸が小さく見えるので試してみて下さい。

  • リネンやシフォン
  • Vネック
  • 濃い引き締め色
  • アクセサリーをつける
  • 縦のストライプ

では、胸が小さく見えるファッション5つを紹介します。

【ファッション1】伸縮性がないリネンやシフォン

伸縮性が低い生地だと胸のラインが目立たなくなるため、バストダウンになります。

 

なので、胸を小さく見せたいのであればリネンやシフォン素材の服を選ぶことをおすすめします。

 

伸縮性のある生地は胸のラインが強調されてしまうので、着るのは控えましょう。

【ファッション2】Vネック

谷間が見えないくらいの浅いVネックは、着やせするのでバストダウンに効果的です。

 

胸を隠そうとしてあえてハイネックを着ると、胸の大きさが目立つことがあるので控えた方が良いでしょう。

 

【ファッション3】黒・ネイビー・カーキ等の濃い引き締め色

黒やネイビーなどの濃い目の色を着ると体型が引き締まって見え、バストダウンになります。

 

服の上下とも濃い目を着ると垢抜けない印象になるため、上に着るものだけを濃い目のカラーにするとよいでしょう。

 

特にネイビーやカーキは、着回ししやすいのでおすすめです。

【ファッション4】アクセサリーを付ける

胸への視線が気になる方は、視線を外すためにアクセサリーをつけるのも一つの手です。

 

派手なネックレスやピアスなどをつけると胸が目立たなくなります。

 

長すぎるネックレスをすると、太って見えてしまうのでおすすめしません。

【ファッション5】縦のストライプ

縦のストライプ柄を着ると体型が縦長に見えるので、胸のボリュームが目立たなくなります。

 

濃いめのカラーだと、よりスリムに見え効果的です。

 

反対に横のストライプは、太って見えてしまい、胸が強調されるので着るのは控えた方がよいでしょう。

胸を小さくしたい時にした方が良い食生活

胸を小さくしたい人は、食生活を変えるだけでバストダウンできます。

 

食べる物によっては、胸の成長の促進を促したり、阻止したりするものが存在します。

 

取り入れる食材を限定することで、胸を小さくできるので意識してみましょう。

【食生活1】大豆製品は食べないようにする

大豆にはイソフラボンという栄養素があり、バストアップの働きをしてくれます。そのため、胸を小さくしたいなら大豆食品はできるだけ控えた方がよいでしょう。

 

イソフラボンは豆腐・納豆・豆乳・おから・厚揚げなどに含まれます。

 

反対に、胸を小さくするために食べたよい食材は、アブラナ科の野菜を摂取するとよいです。

 

以下のアブラナ科の野菜は、インドールという成分が多くあり、胸の成長を阻止できます。

  • ブロッコリー
  • 水菜
  • 大根
  • ケール
  • 小松菜
  • 白菜
  • かいわれ
  • クレソン
  • カリフラワー

インドールは熱に弱いので軽くゆでるか、加熱しすぎに注意しましょう。

 

生に近い状態だと成分が失われずに、栄養を取り入れられます。

【食生活2】コーヒーを飲む

コーヒーを一日3杯以上飲むと、バストダウンにつながることが科学的に証明されています。

 

コーヒーにはカフェインが入っており脂肪燃焼効果があるので、胸の脂肪を落とすのに最適です。

 

コーヒーが苦手な人は、緑茶・ウーロン茶・抹茶・ココアでも代用可能なので試してみて下さい。

胸を小さくしたい時にする有酸素運動

胸を小さくするには、脂肪燃焼させるのが効果的です。

 

日20分以上の有酸素運動をすると脂肪燃焼できます。

 

ここでは、胸を小さくするのに有効な有酸素運動を3つ紹介します。

【有酸素運動1】縄跳び

縄跳びは全身運動なので、短時間で多くのカロリーを消費できます。

 

そのため、脂肪を燃焼しやすく胸が小さくなりやすいです。

 

ただし、やりすぎると胸を支えるクーパー靭帯を損傷してしまい、胸が垂れる可能性があります。

 

胸を支えるサポートブラを活用して運動したほうがよいでしょう。

【有酸素運動2】ランニング

胸を小さくするには、脂肪燃焼効果の高いランニングが有効的です。

 

ランニングは、人体で最も大きな太ももの筋肉を鍛えられる上に、代謝があがり、脂肪燃焼させやすい体になるでしょう。

 

ただし、脂肪燃焼させるためにはりきりすぎると長続きしません。

 

スロースタートを心がけ、継続できるように取り組みましょう。

【有酸素運動3】エアロバイク

脂肪燃焼させたいけどランニングが苦手という人は、エアロバイクがおすすめです。

 

ペダルの重さや漕ぐペースなど自分の体力に合わせて調整ができます。

 

ランニングに比べ、膝にかかる負担が軽いので運動不足の人に最適です。

 

有酸素運動以外で胸を小さくする方法

有酸素運動以外でも胸を小さくする方法が以下の2つです。

  • バレエ
  • マッサージ

有酸素運動をするのはハードルが高いという人におすすめの方法です。

 

では、紹介していきます。

1.バレエ

バレエは全身の筋肉を使い全体的に体が引き締まるので、胸が小さくなります。

 

体の柔軟性が増し、代謝があがって脂肪燃焼につながるのでダイエット効果もあります。

 

踊るというより、ストレッチの延長と考えるとよいでしょう。

 

胸を小さくしたい人にはうってつけの運動です。

2.マッサージ

マッサージでリンパの流れを改善すると、胸が小さくなります。

 

やり方としては、胸の肉を背中に流すようにマッサージをするとリンパの流れが良くなり、効果的です。

 

強くやりすぎると胸を支えるクーパー靭帯を傷つけてしまうので、注意しましょう。

胸を小さくしたい時のNG行動

【NG行動1】小さいブラジャーで締め付ける

小さいブラジャーを付けると胸がブラジャーから余り、逆に大きく見える可能性があります。

 

また、ブラジャーのサイズが合っていないと、胸の脂肪が分散して形が崩れたり垂れる原因になります。

 

他にもブラジャーで締め付けられることによって、酸欠の原因になるので控えた方が良いでしょう。

【NG行動2】極端なダイエットをする

ダイエットは胸を小さくする方法ではありますが、胸だけの脂肪を落とすのは難しいです。

 

極端なダイエットをしても胸だけ痩せることはないので、時間をかけてダイエットすることを心がけましょう。

まとめ|胸はファッションや食生活、運動で小さくできる

胸をすぐにでも小さくしたい人は、フルカップブラやさらしブラをつけましょう。

 

胸のボリュームを抑え、胸の大きさが気にならなくなります。また、Vネックや縦ストライプなどのファッションでも胸のボリュームをカバーできるので試してみる価値ありです。

 

時間をかけて胸を小さくしたい人は、食生活の改善や有酸素運動を取り入れてみて下さい。特に有酸素運動は脂肪燃焼効果を高め、健康的に胸を小さくできる手段です。

 

家庭でトレーニングを行うのが難しい場合は、ジムトレーニングをおすすめします。

 

トレーニングを通して脂肪燃焼を図り、自分の理想の胸に近づけるように励んでみて下さい。

 

このコラムでは、他にもダイエット・ボディメイクに関するお役立ち情報を発信しています。ぜひ他の記事もご覧下さい。

 

2024.05.16

【2024年最新版】神戸市須磨区でおすすめのパーソナルトレーニングジム3選を徹底解説!

2024.05.14

【2024年最新版】赤磐・瀬戸でおすすめのピラティススタジオを徹底解説!

2024.05.13

【2024年最新】倉敷でおすすめのピラティススタジオ6選を徹底解説!

2024.05.01

🗓レシオ福山春日店 5月プログラムスケジュール

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る