フラクトオリゴ糖は太る?危険?ダイエット効果やおすすめ商品まで徹底解説! | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2023.10.28

フラクトオリゴ糖は太る?危険?ダイエット効果やおすすめ商品まで徹底解説!

「フラクトオリゴ糖を摂ると太るの?」
「フラクトオリゴ糖はダイエットに向かない?」
「フラクトオリゴ糖の正しい摂取方法は?」

 

このような悩みを抱えていませんか?

 

フラクトオリゴ糖は決して太りやすい食品ではありません。砂糖と比べるとカロリーが低くて血糖値が上がりにくいため、太りにくいと言えるでしょう。

 

とはいえ、過剰に摂取すると当然ながら体調不良の元になります。

 

この記事では、フラクトオリゴ糖に興味があるあなたに向けて、以下の情報について詳しく解説します。

 

  • フラクトオリゴ糖のカロリー量
  • 摂取することで得られる効果
  • 具体的な摂取方法

最後まで読めば、健康的かつ効率的なダイエットで理想の体に近づけますので、ぜひ最後までご覧ください!

 

フラクトオリゴ糖は太るわけではない

結論から言うと、フラクトオリゴ糖を摂取しても太るわけではありません。

 

オリゴ糖は砂糖などと比べ、カロリーが低めで、GI値が低いため血糖値が上昇しにくく、太りにくいと言えるでしょう。

 

この項では、フラクトオリゴ糖についてわかりやすく解説します。

 

フラクトオリゴ糖とは

フラクトオリゴ糖は、名前の通りオリゴ糖の一種です。まず、オリゴ糖には次のような種類があります。

  • フラクトオリゴ糖
  • イソマルトオリゴ糖
  • ガラクトオリゴ糖
  • 大豆オリゴ糖
  • ラフィノース

フラクトオリゴ糖は、難消化性なのが特徴です。オリゴ糖の中でも甘さが強いため、砂糖の代用として使われることがあります。

フラクトオリゴ糖が危険と言われる理由

フラクトオリゴ糖が危険だと言われるのは、過剰摂取すると体調不良を招くからです。

 

フラクトオリゴ糖を摂取すると、体内の善玉菌が増えて腸内環境が改善されます。しかし、摂りすぎると腹痛や下痢などの症状を引き起こすこともあるのです。

 

また、人工甘味料が含まれている点も危険だと言われる理由です。

 

フラクトオリゴ糖に限らずどんな食品にも言えることですが、健康に良いからと大量に摂取するのではなく、適量を守ることが大切だと言えるでしょう。

フラクトオリゴ糖の10つの効果・メリット

フラクトオリゴ糖を摂取すると、次のような効果を得られます。

  •  
  • おならの匂いが気にならなくなる
  • 下痢や便秘が改善される
  • 血糖値が上がることがない
  • 免疫が高まる
  • 虫歯予防になる
  • カロリーを気にせず摂取できる
  • 栄養の吸収効率が良くなる
  • アレルギー症状が収まる
  • 精神の安定をもたらす
  • 美肌になる

それぞれ詳しくみていきましょう。

おならの匂いが気にならなくなる

フラクトオリゴ糖を摂取すると、便やおならの匂いが改善されます。

 

オリゴ糖には、体内の善玉菌を増やす効果があるためです。善玉菌を増やせば、悪玉菌の勢力が弱くなり、結果的におならなどのニオイが改善されます。

 

フラクトオリゴ糖を摂取すれば、便やおならの匂いで腸内環境が改善されていることがわかるでしょう。

下痢や便秘が改善される

フラクトオリゴ糖には、下痢や便秘を解消する効果があります。

 

下痢や便秘などの腸内環境の悪化は、悪玉菌が原因になっています。オリゴ糖には善玉菌を増やす効果があるので、便秘を解消できるのです。

 

さらに、腸内が酸性になることで悪玉菌の活性化を抑える効果もあります。よく腹痛に悩まされている人は、フラクトオリゴ糖が効果的だと言えるでしょう。

血糖値が上がることがない

フラクトオリゴ糖は、血糖値が上がらないのがメリットです。

 

砂糖などの甘いものを摂取すると血糖値が上がるというイメージがありますが、フラクトオリゴ糖は分解されにくく、結果的に吸収されにくくなっています。

 

血糖値が上がったり下がったりを繰り返していると、糖尿病の原因にもなるので、フラクトオリゴ糖により健康を維持できると言えます。

免疫が高まる

フラクトオリゴ糖には免疫向上の効果も期待できます。

 

体の免疫は、腸内細菌が強く関係しているためです。前述の通り、オリゴ糖には腸内を改善する効果があるため、腸内細菌を活発化して結果的に悪い菌やウイルスへの対抗力が増します。

 

体調を崩しやすい人は、フラクトオリゴ糖で免疫力を高めると効果的です。

虫歯予防になる

フラクトオリゴ糖は虫歯にも強いです。

 

一般的な砂糖は、虫歯菌のエサになりやすいので虫歯の原因になってしまいます。一方、フラクトオリゴ糖は虫歯菌にとっては有効活用がしづらく、結果的に虫歯になりにくくなるのです。

 

とはいえ、フラクトオリゴ糖以外にも日常的にさまざまな糖質を摂取しているはずなので、歯磨きが重要であることは変わりません。

 

カロリーを気にせず摂取できる

フラクトオリゴ糖はカロリーが低いのもメリットです。

 

砂糖のカロリーは4kcal/gですが、フラクトオリゴ糖は2kcal/gなので、カロリーが約半分に抑えられています。砂糖を置き換えれば、摂取カロリーを大きく減らせるでしょう。

 

食事制限などでカロリーを抑えたい場合は、フラクトオリゴ糖を活用してください。

栄養の吸収効率が良くなる

フラクトオリゴ糖には食事の吸収を良くする効果があります。

 

理由としては、オリゴ糖には腸内環境を改善する効果があるためです。腸内環境が改善されると、ビフィズス菌が増えてよりミネラル分の分解が促されます。

 

特に、普段から栄養バランスを意識している人は、栄養の吸収率にも着目してみましょう。

アレルギー症状が収まる

フラクトオリゴ糖はアレルギー症状に悩まされている人にも最適です。

 

腸内細菌が増えると、アレルギー反応が起こりにくくなることがわかっています。特に、最近では食品添加物の摂取量が増えてきており、アレルギー症状が出やすい環境になっています。

 

フラクトオリゴ糖によって腸内環境が改善されて腸内細菌が増えれば、アレルギー症状が気にならなくなるでしょう。

精神の安定をもたらす

フラクトオリゴ糖には精神を安定させる効果があります。

 

フラクトオリゴ糖によって腸内環境が改善されると、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌されるためです。セロトニンには、満足感・充足感を感じさせる効果があります。

 

実際、うつ病の人はセロトニンが少ない傾向にあることがわかっています。

 

日頃ストレスを感じている人は、フラクトオリゴ糖を摂取して腸内環境の改善から始めてみましょう。

美肌になる

フラクトオリゴ糖によって腸内環境が改善されると、美肌効果に期待できます。

 

そもそも、肌が荒れたり吹き出物が出たりするのは、腸内の悪玉菌が毒素を排出しているためです。腸内環境の改善によって悪玉菌が減れば、ニキビやシワなどの肌トラブルが少なくなるでしょう。

フラクトオリゴ糖の太らない摂り方3選

フラクトオリゴ糖はさまざまなメリットがありますが、摂取方法を間違えるとダイエットには逆効果になってしまいます。

 

この項では、フラクトオリゴ糖の摂取方法について解説していきます。

  •  
  • 砂糖に置き換える
  • 入れすぎないよう注意する
  • 摂取目安量を守る

それぞれ詳しく確認しましょう。

砂糖に置き換える

フラクトオリゴ糖を砂糖に置き換えるのがおすすめです。

 

砂糖はカロリー量が多く、血糖値が上がりやすいです。一方、フラクトオリゴ糖は砂糖の半分程度のカロリー量で、さらに血糖値も上がりにくいので、ダイエット効果に期待できます。

 

オリゴ糖は熱に強いため、どんな料理でも気兼ねなく置き換えられるでしょう。

入れすぎないよう注意する

食事の際は、オリゴ糖を入れすぎないよう注意しましょう。

 

フラクトオリゴ糖は、オリゴ糖の中では甘さが強いものの、砂糖や蜂蜜などと比べると控えめです。したがって、甘さが足りないからと入れすぎてしまうと、太る原因になります。

 

フラクトオリゴ糖のカロリー量は砂糖の半分ですが、逆にいえば、2倍入れると同じカロリー量になってしまいます。元々入れていた砂糖の量から増やしすぎないよう注意しましょう。

摂取目安量を守る

フラクトオリゴ糖を摂取する際は、摂取目安量を守りましょう。

 

フラクトオリゴ糖は腸内環境の改善に役立ちますが、摂りすぎてしまうと、下痢になったり腹痛を引き起こしたりする原因になるためです。

 

オリゴ糖の商品には摂取目安量が記載されているので、使う前に目を通しておきましょう。

フラクトオリゴ糖を含む食品のおすすめ3選

フラクトオリゴ糖が体に良いとわかっていても、具体的に何をどう摂取すれば良いのかわからない人がほとんどなのではないでしょうか。

 

そこでこの項では、フラクトオリゴ糖が含まれたおすすめ商品を3つ紹介します。

  •  
  • NICHIGA フラクトオリゴ糖
  • 日本オリゴ フラクトオリゴ糖
  • 味の素 パルスイート(R)

それぞれ詳しく見ていきましょう。

NICHIGA フラクトオリゴ糖

NICHIGA フラクトオリゴ糖は、コスパを重視する人におすすめです。

 

金額が安く、1袋あたり1000g入っているので長く使い続けられます。天然チコリ100%なので体に優しく、余計な添加物などはほとんど含まれていません。

 

自宅で長く使い続けたい場合、または安全性を重視する場合は、ぜひ選びましょう。

日本オリゴ フラクトオリゴ糖

日本オリゴ フラクトオリゴ糖は、摂取しやすさを重視する場合に最適です。

 

取り出しやすいボトル容器に入っているため、詰め替えなどの必要がなく、購入してすぐ使えます。オリゴ糖含有量は55%と低めですが、時間がなくぱっと摂取したい場合には役立ちます。

 

また、価格が安めなのもポイントです。

味の素 パルスイート(R)

気軽にオリゴ糖を摂取したい人には、味の素 パルスイート(R)が良いでしょう。

 

ボトル容器に入っており、270gと片手でも持てるくらいの容量なので、扱いやすいのがメリットです。外で摂取したい場合にも最適です。

 

オリゴ糖含有量は40%と低めですが、忙しい社会人に適しています。

フラクトオリゴ等は太るわけではない!食べ方やデメリットを意識して摂取しよう

フラクトオリゴ糖は決して太りやすい食品ではありません。むしろ、砂糖より低カロリーでGI値も低く、血糖値が上昇しにくいという特徴があります。

 

とはいえ、過剰に摂取すると体調不良になってしまうので、危険だと言われてしまうこともあります。

 

砂糖をフラクトオリゴ糖に置き換え、しっかり摂取量を守ることを意識しつつ、継続的に摂取してみましょう。体の内側から理想の体に近づけますよ。

 

このコラムでは、他にもダイエット・ボディメイクに関するお役立ち情報を発信しています。ぜひ他の記事もご覧下さい。

 

 

2024.05.16

【2024年最新版】神戸市須磨区でおすすめのパーソナルトレーニングジム3選を徹底解説!

2024.05.14

【2024年最新版】赤磐・瀬戸でおすすめのピラティススタジオを徹底解説!

2024.05.13

【2024年最新】倉敷でおすすめのピラティススタジオ6選を徹底解説!

2024.05.01

🗓レシオ福山春日店 5月プログラムスケジュール

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る