【2024年版】最新のダイエット方法を運動・器具・フード・サプリなどジャンル別に紹介! | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2023.04.23

【2024年版】最新のダイエット方法を運動・器具・フード・サプリなどジャンル別に紹介!

「2023年の最新ダイエットを知りたい!」

「最新ダイエットの中でジャンル別に、自分に合うものを選びたい…」

 

こんな疑問や悩みを抱えていないでしょうか。

 

ダイエットと言ってもさまざまなジャンルがあり、昔と比べて選択肢の幅が大きく広がりました。しかしそれゆえに、どのダイエット法が正しいのか迷ってしまう方も非常に多いでしょう。

 

最新ダイエットの傾向としては、VRやSNSを絡めたものなど時代のトレンドに合わせて、楽しく取り組める手法も増えているのが特徴です。

 

このコラムでは、下記を中心に解説していきます。

  • ジャンル別の最新ダイエット
  • 避けた方が良いダイエット
  • ダイエットを成功させるためのコツ

最後まで読むことで、最新のダイエットについて詳しくなり、自分に合う方法で引き締まったスリムな体を手に入れられるはずですよ。

 

2023年の最新ダイエットトレンドはお手軽×新習慣

2023年の最新ダイエットトレンドにおけるキーワードは「お手軽 × 新習慣」です。

 

あすけんが公表している「ダイエットトレンド予測2023」では、以下の5つがトレンドキーワードとして紹介されています。

  • 毎朝タンパク質を摂取する
  • 夜は早めに糖質を摂る
  • パーソナルフードを取り入れる
  • 栄養バランスを保つために食事計画を立てる
  • 大豆製品を取り入れる

コロナ禍において自宅で過ごす時間が増えた人も多く、食生活を見直そうとする考えが広まりました。そのため、家にいながら行える手軽さが、ダイエット方法を選ぶ際のポイントです。

 

また、ダイエット領域にもAIや最新技術を駆使した、さまざまな手法が登場しています。中には多くの情報を利用し、1人ひとりの要望に合わせた提案を行う手法もあります。

 

次項からは、2023年の最新ダイエットをジャンル別に紹介していきます。

 

2023年の最新ダイエット方法3選:運動編

まずは、運動に関する最新ダイエットを紹介していきます。

  • VRダイエット
  • エクササイズスナック
  • ダイエットダンス

1つずつ見ていきましょう。

 

1. VRダイエット

VRダイエットは、ゲームをプレイしながらスポーツと変わらない運動量をこなす方法です。

 

VRゴーグルを使用して行うことで、ゲームの世界に入ったような感覚で体を動かせるため、楽しくダイエットに取り組めます。

 

通常のトレーニングは淡々と回数をこなすのに対し、VRダイエットであれば楽しみながら体を動かせるため、継続して行いやすいのが特徴です。

 

2. エクササイズスナック

エクササイズスナックは、1日のうちに簡単なエクササイズを何回かに分けて行う方法です。

 

名前の由来は、1口サイズのお菓子を分けて食べるところから生まれています。

 

ダイエットを行う際は、まとまった時間を確保しなければならないと感じる方もいるかもしれませんが、エクササイズスナックではスキマ時間を有効活用できます。

 

また、空き時間でこまめに体を動かすことで幸せホルモンが分泌されるため、ストレスの発散になりますよ。

 

3. ダイエットダンス

ダイエットダンスは、音楽に合わせてダンスを踊ることでカロリーを消費する方法です。

 

以前はYouTubeを見ながら行う人が多かったものの、最近ではTikTokで流れている動画に合わせて体を動かす方法が主流となっています。

 

芸能人やインフルエンサーが投稿した動画を見ながら、体を動かす方法がダイエットダンスの一般的な流れであり、レパートリーも豊富であるため飽きずに取り組めます。

 

ダンスのふりつけも可愛いものから面白いものなどあるため、自分に合うものを選んで楽しく行えますよ。

 

家にいながら自分が好きな動画や、動きに合わせて行える手軽さも人気の理由です。

 

2023年の最新ダイエット方法3選:器具編

続いて、最新のダイエット器具について紹介していきます。

  • 腹筋ローラー
  • ワンダーコアスマート
  • バランスボール

順番に解説していきます。

 

1. 腹筋ローラー

腹筋ローラーは、自分の体重を利用することでお腹を効果的に鍛えられる器具です。

 

グリップを握った状態で前に転がすだけで、腹筋が伸びて負荷がかかるため、トレーニングを行う際に高度なテクニックも不要です。

 

また、腹筋ローラーを使用すると、姿勢を維持するために体全体の筋肉が使われるため全身を鍛えられるのもメリットです。全身をくまなく鍛えることで、筋肉量が増えて代謝が高まり、根本的に痩せやすい体を作れます。

 

ジムへ通う必要もなく家にいながら行えるため、気軽にトレーニングできます。

 

腹筋ローラーでダイエット効果を高める方法に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/abs-roller-number-of-times"]

 

2. ワンダーコアスマート

ワンダーコアスマートは、体を倒すだけで腹筋を鍛えられるコンパクトなトレーニング器具です。

 

腹筋を鍛えられるのはもちろん、使い方を工夫することで二の腕やふくらはぎなど、さまざまな部位に刺激を与えられます。

 

家に置いてもかさばらないため管理がしやすく、自宅にいながら行いたいという、最新のダイエット需要を満たす器具と言えます。

 

3. バランスボール

バランスボールは、リハビリ用器具として開発された大きなゴムボールですが、ダイエットにも効果的なアイテムです。

 

弾力や丸い形状がもたらす不安定性を利用することで、他の器具ではできないトレーニングを行えます。

 

バランスボールに座りながらテレビを見るなど、別のことをしながら体へ負荷をかけられる「ながら運動」ができるのも人気の理由です。

 

通常のトレーニングにバランスボールを取り入れるなど、より負荷を加えたい時などにも活用できますよ。

 

バランスボールを利用した効果的なダイエット方法に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/balanceball"]

 

2023年の最新ダイエット方法3選:フード編

続いて、最新のダイエットフードに関して紹介していきます。

  • 豆スープダイエット
  • オートミールダイエット

順番に見ていきましょう。

 

1. 豆スープダイエット

豆スープダイエットとは、食事を豆類が含まれたスープに置き換えて行うダイエット方法です。

 

豆類が含まれたスープは高タンパク質・低脂肪で健康に良いだけでなく、低カロリーなため、女性を中心に人気があります。

 

通常の食事としてはもちろん、間食として摂取するのも効果的です。日頃からお腹が空いてしまい、ついカロリーが高いものを食べてしまうという方にもおすすめですよ。

 

作り方は、以下のような味がついたスープに豆類を加えるだけです。

  • ポタージュ
  • トマトスープ
  • コンソメスープ

調理するのがめんどくさいと感じる方は、インスタントのスープも販売されているため、手軽に始められますよ。

 

スープダイエットに関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/soupdiet-rebound"]

 

2. オートミールダイエット

オートミールダイエットも、カロリーを抑えられるため痩せたい人におすすめです。

 

オートミールは白米や玄米と比較して、1食あたりのカロリーを約半分に抑えられます。

 

また、オートミールは腹持ちが良く、食べすぎや間食を防ぐのに効果的です。調理の際に水分を吸って膨らむ性質があるため、白米など他の食品と比較して腹持ちがしやすく、ダイエットしたい方におすすめです。

 

オートミールで痩せる理由に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/oatmeal-slim"]

 

2023年の最新ダイエット方法3選:サプリ編

続いて、最新ダイエットサプリについて解説していきます。

  • 脂肪対策サプリ
  • 糖質カットサプリ
  • 便秘改善サプリ

ダイエットに効果的なサプリと言っても、さまざまな種類があります。ダイエットサプリの中でもジャンルを分けて紹介しますので、1つずつ見ていきましょう。

 

1. 脂肪対策サプリ

脂肪対策サプリは、運動によるカロリー消費を高める効果が期待できます。

 

具体的には、以下の成分が含まれているものを指します。

  • L-カルニチン
  • カフェイン
  • アルギニン

それぞれ脂肪がエネルギーとして消費されるのをサポートする働きがあるため、ダイエット効果が期待できます。

 

また、筋トレにより筋肉量が増えると代謝量も増加します。そのため、筋肉の材料となるプロテインやアミノ酸も摂取することで、よりダイエット効果を高められますよ。

 

2. 糖質カットサプリ

糖質カットサプリは、糖質や脂質の吸収を抑える成分が配合されたものです。

 

糖質はエネルギー源として必要ですが、過剰に摂取してしまうと血糖値が上昇し、肥満につながります。糖質カットサプリは食べ過ぎや間食などで脂質の摂取量が増えた際に、血糖値の急上昇を抑える働きが期待できます。

 

糖質カットサプリに含まれる主な成分は以下の通りです。

  • 難消化性デキストリン
  • 茶カテキン
  • キトサン

ただし、サプリメントはあくまで食事の補助が目的です。摂取したからと言って、糖質をすべてカットして体が痩せられるわけではないと頭に入れておきましょう。

 

3. 便秘改善サプリ

便秘改善サプリは、偏った食生活により荒れてしまった腸内環境を整える効果が期待できるため、ダイエットにつながります。

 

便秘自体が直接体重の増加につながるわけではないものの、代謝機能が低下すると痩せにくい体になってしまいます。なぜなら、人の体は代謝によって脂肪をエネルギーへと変換しているからです。便秘になると代謝が低くなるため、脂肪が蓄積しやすくなります。

 

便秘改善サプリに含まれる主な成分は以下の通りです。

  • オリゴ糖
  • 食物繊維
  • 酸化マグネシウム

ダイエットをしている場合は、腸内環境を整える意識も持ちましょう。

 

テレビでも紹介された話題のダイエット方法2選

続いて、テレビでも紹介された話題の最新ダイエットを紹介します。

  • ジャンプするだけダイエット
  • つまぷる(つまんで揺らすダイエット)

順番に見ていきましょう。

 

1. ジャンプするだけダイエット

ジャンプするだけダイエットは「ヒルナンデス」で取り上げられており、1分間跳ぶだけで行える手軽なダイエット方法です。

 

ジャンプを続けることで下半身の大きな筋肉が使われるため、効率良く体内の脂肪を燃焼させられます。

 

また、ジャンプと言っても高く跳ぶ必要はなく、足が床から浮くぐらいの感覚で問題ないため手軽に行えるのも人気の理由です。

 

ジャンプするだけダイエットの手順は以下の通りです。

  1. 真っすぐ上へ跳び、その場で着地する
  2. 1分間続ける

ポイントはまっすぐ上へ跳ぶ際に、体の軸がぶれないようにすることです。

 

注意したいのが、ジャンプを続けることでおきる音や振動です。集合住宅の場合は、ジャンプの衝撃で周りの方へ迷惑をかけてしまうことがあります。家の庭や公園で行うなど、場所に配慮して行いましょう。

 

2. つまぷる(つまんで揺らすダイエット)

つまぷるは「土曜はナニする!?」で取り上げられた、お腹をつまんでゆするだけで痩せられるお手軽なダイエット方法です。

 

お腹に脂肪が蓄積してしまう理由の1つに、筋膜の硬直があります。筋膜とは、筋肉を包んでいる膜のことです。

 

筋膜は筋肉の保護や筋収縮時の滑りを助ける効果がありますが、運動不足などにより筋膜同士が癒着することで筋肉の動きが悪くなり、代謝低下の原因になってしまいます。

 

つまぷるでは体についた脂肪をつまんでゆすり、硬直した筋膜をほぐすことで筋肉の動きが改善され、代謝が向上するためダイエットにつながります。

 

つまぷるの手順は以下の通りです。

  1. 背中を丸めてお腹にある脂肪をつまむ
  2. 30秒間上下にゆらす
  3. インターバルを挟んでもう1度、1~2の動作を繰り返す

お腹だけでなく、肋骨や腰など気になる部位の脂肪をつまんで行うのもおすすめです。

 

健康に悪影響?避けた方が良いダイエットの3つの特徴

ここでは、健康に悪影響があるため、避けた方が良いとされるダイエットについて解説していきます。

  • 極端な偏りのある食生活
  • 食事の回数が少ない
  • 長時間の断食

ダイエットで失敗しないためにも、必ず把握しておきましょう。

 

1. 極端な偏りのある食生活

摂取する栄養素に、極端な偏りがあるような食生活を伴うダイエットは避けましょう。

 

例えば、極端な糖質制限ダイエットなどは一時的に効果があるかもしれません。ですが、ダイエット終了後は糖質の吸収率が高まる場合もあるため、リバウンドしやすくなります。

 

また、糖質を極端に制限すると、ダイエットの途中にめまいや頭痛などの体調不良に陥る可能性があります。体調を崩してしまっては、ダイエットどころではありません。

 

必要量の栄養素を摂取したうえで、過剰に摂るのを避けるために制限する方法であれば問題ありませんが、偏った食生活になるダイエットは避けましょう。

 

2. 食事の回数が少ない

食事の回数が少ないダイエットもおすすめできません。

 

1日1食ダイエットなどは、摂取カロリーを抑えられるため、短期的には体重を落とせるかもしれません。

 

ですが、1回しか食事をしないのであれば、1日で必要な栄養素を1食で取る必要があります。そのため、無理をしてでも1回で大量の食事をする必要があり、胃に大きな負荷がかかるでしょう。

 

さらに、1回の食事時間が長いと食後の血糖値が急上昇しやすくなるため、糖尿病やひどい場合は心筋梗塞を引き起こします。

 

仮に1食で多くの量を食べられない場合は、1日で必要な栄養素を摂取できないことになるため、結果的に体調を崩しやすくなります。

 

3. 長時間の断食

健康面を考慮すると、長時間の断食も良いダイエットとは言えません。

 

体は長時間栄養を摂取できないと、足りないエネルギーを補うために筋肉を分解し始めます。すると、筋肉が減少して基礎代謝の低下を招くため、かえって太りやすい体になる可能性もあります。

 

スポーツ選手の中には断食をする方もいますが、知識のある医師などの専門家から指導を受けて取り組んでいる場合が大半です。知識がないまま断食を行うと、体への悪影響が大きいので控えましょう。

 

また、ダイエット終了後は断食の反動で暴飲暴食をしやすくなるため、リバウンドをしやすいという点でもおすすめできません。

 

断食ダイエットの注意点に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/fasting-rebound"]

 

ダイエットを成功させるための4つのコツ

前項では注意点を紹介しましたが、最後に全てのダイエットに共通する、成功させるためのコツを紹介します。

  • 筋トレや有酸素運動も取り入れる
  • 無理のない方法で行う
  • ストレスを溜めないようにする
  • 継続して取り組む

この4つのコツを抑えておけば、ダイエットが成功する確率を高められますよ。

 

1. 筋トレや有酸素運動も取り入れる

ダイエットを成功させるには、筋トレや有酸素運動を必ず取り入れましょう。

 

基本的に体重を落とすには、1日の摂取カロリーに対して消費カロリーが上回る必要があります。

 

食事に関するダイエットはあくまでカロリーを抑えつつ、必要な栄養素を効率良く摂取できるようにするものが大半です。サプリにおいてもダイエットをサポートするものであり、摂取するだけでは痩せません

 

どのダイエットを行うにしても、消費カロリーを増やすために筋トレや有酸素運動は必ず取り入れましょう。

 

筋トレと有酸素運動の取り入れ方や行う順番に関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/workout-aerobic-exercise"]

 

2. 無理のない方法で行う

ダイエットに取り組む際は、無理のない範囲で行うようにしましょう。

 

人それぞれ好みや生活習慣は違うため、適したダイエットは異なります。そのため、有名だからといって、自分に合わないダイエットを無理して行う必要はありません。

 

また、すぐ痩せるために運動する習慣のない人が、いきなりハードなトレーニングを行うのも避けましょう。ケガをするリスクが高まるため、ダイエットどころではなくなってしまいますよ。

 

3. ストレスを溜めないようにする

ダイエットを成功させるためには、ストレスを溜めないこともポイントの1つです。

 

ストレスは生活習慣の乱れや、暴飲暴食を引き起こします。また、自分に合わないダイエットを行うことでストレスが溜まると、続ける自信がなくなる場合もあるでしょう。

 

ダイエットは食習慣を変えるものから、家で手軽に行える方法までさまざまな種類があります。最初のうちはいろいろ試していきながら、自分に合うダイエットを見つけていきましょう。

 

4. 継続して取り組む

ダイエットを行う際は、継続して取り組むことも重要です。

 

体についた脂肪は、数日運動しただけではすぐに落ちません。どのダイエット方法であっても、最低限1ヶ月ほど継続しなければ効果は実感できないものです。

 

仮に、短期間で痩せた場合は、落ちた体重もすぐに戻ります。特に私生活で運動をする習慣がない方や、偏った食生活をしている方の場合、脂肪が落ちやすい体に変えていくところから始めなければなりません。

 

ダイエットには時間がかかることを認識し、コツコツと自分のペースで継続していきましょう。

 

ダイエットを継続させるコツに関しては、こちらの記事でより詳しく解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみて下さい。

[blogcard url="https://retio-bodydesign.jp/columns/article/diet_motivation"]

 

まとめ|自分に合う最新のダイエット方法で理想の体を手に入れよう!

日々技術が進歩することで、新しいダイエット方法がどんどん生まれています。家にいながら手軽にできるものも増えているため、以前と比べてダイエットに取り組みやすい環境といえるでしょう。

 

ただし、どのダイエット方法においてもバランスの良い食生活と運動はかかせませんまた、ダイエット効果を実感するには時間がかかるため、自分のペースで継続していくことが重要です。

 

さまざまなダイエットの中から自分に合うものを選んで取り組むことで、理想とする引き締まった体や、スリムなボディラインを手に入れられるはずですよ。

 

このコラムでは、他にもダイエットやトレーニングに関する有益な情報を載せていますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

2024.05.16

【2024年最新版】神戸市須磨区でおすすめのパーソナルトレーニングジム3選を徹底解説!

2024.05.14

【2024年最新版】赤磐・瀬戸でおすすめのピラティススタジオを徹底解説!

2024.05.13

【2024年最新】倉敷でおすすめのピラティススタジオ6選を徹底解説!

2024.05.01

🗓レシオ福山春日店 5月プログラムスケジュール

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る