筋トレ後にサウナに入ると疲労回復効果が抜群!具体的なメリットや注意点を解説 | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2023.01.09

筋トレ後にサウナに入ると疲労回復効果が抜群!具体的なメリットや注意点を解説

「筋トレ前後どちらでサウナに入るべきなの?

「サウナに入るベストなタイミングは?せっかく筋トレしたのに無駄にしたくない…」

 

あなたはこのように考えていませんか。

 

筋トレの効果を高めたいのであれば、筋トレ後にサウナに入るのがおすすめです。

 

筋トレ後にサウナに入ることで、血行やインスリンの分泌が促進されます。

 

その結果「筋肥大の促進」「疲労回復」といった効果を得られるのです。

 

この記事では筋トレ前後どちらでサウナに入るべきなのか悩んでいるあなたに向けて、以下の情報を解説します。

  • サウナに入るタイミング
  • 筋トレ後にサウナに入るメリット
  • サウナの正しい入り方、注意点

「サウナに入ることでより筋トレの効果を高めたい」「サウナの正しい入り方を理解しておきたいという方はぜひ、最後までチェックしてみてくださいね。

 

筋トレ後30分~1時間後でサウナに入ると疲労回復効果が抜群

 

 

筋トレを行うと運動をした疲労によって筋肉が凝り固まり、血流が悪化しやすくなります。血流が悪いままだと疲労が残りやすく、翌日の活動にも支障が出てしまうでしょう。

 

そこで筋トレ後30分~1時間後にサウナに入ると、体温が高まり血行が促進されます。血行が促進されることで、体が酸素を取り入れる量が増え、疲れの原因となる乳酸をより多く分解できます。

 

疲労回復につながるので、筋トレ後はサウナに入ってみると良いでしょう。

 

筋トレ後にサウナに入るメリット5選

 

 

筋トレ後にサウナに入るメリットとして、以下の5つが挙げられます。

  1. 筋肥大を促進させられる
  2. 疲れから回復できる
  3. 抗酸化作用を得られる
  4. 痩せやすい体になる
  5. 美肌効果を得られる

それぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

 

1. 筋肥大を促進させられる

 

サウナに入ると、インスリン感受性の向上や成長ホルモンの分泌促進などの効果があります。インスリンが分泌されることで栄養分が筋肉に取り込まれやすくなり、筋肥大の促進につながります。

 

また成長ホルモンの分泌が促進されると、筋肉合成や脂肪燃焼などにつながるのもメリットです。より筋肉を成長させたい方は、筋トレ後のサウナを習慣化しましょう。

 

2. 疲れから回復できる

 

筋トレ後にサウナに入ることで、疲労で悪化した血流を改善できます。体温の向上により血流が改善されるので、疲労回復が実感できるでしょう

 

筋肉への栄養や酸素の供給がスムーズになるため、疲労に悩まされている方には筋トレ後のサウナがおすすめです。

 

3. 抗酸化作用を得られる

 

筋トレ後、体内に活性酸素が発生します。活性酸素は身体に有害な物質を攻撃する働きがありますが、大量に分泌されると正常な細胞まで攻撃してしまうのが難点です。

 

サウナには抗酸化作用があるため、体内で発生した活性酸素を抑えてくれます。老化、シワの予防につながるので、美容に気を遣いたい方にとって大きなメリットといえるでしょう。

 

4. 痩せやすい体になる

 

サウナに入ることで身体の中心部の温度である深部体温が上がり、ヒートショックプロテインという物質が生成されます。ヒートショックプロテインには免疫力の向上、代謝の促進、乳酸の遅延化など、さまざまなメリットがあるのが特徴です。

 

代謝が促進されるため、カロリー消費が増えより痩せやすい体になります。より引き締まった体にしたい方にとって、大きなメリットといえるでしょう。

 

5. 美肌効果を得られる

 

サウナに入って汗をかくことで、体にたまった皮脂・老廃物などが排出されます。サウナ後に水風呂に入ると、火照った体を冷やせるので肌が引き締まります。

 

サウナには自律神経を整えてくれる作用があるため、継続して入る習慣をつけることで肌のバリア機能を維持してくれるのです。肌荒れやニキビができた場合でも、肌の修復が早くなるでしょう。

 

筋トレ後の正しいサウナの入り方

 

 

筋トレ後の正しいサウナの入り方として、以下の手順が挙げられます。

  1. 水分を補給する
  2. サウナに入る
  3. 水風呂を浴びる
  4. 外気浴を楽しむ

心地よくサウナに入るために、必ず押さえておきましょう。

 

1. 水分を補給する

 

サウナに入る前に、約500mlの水分を取っておきましょう。サウナに入ると大量の汗が出るため、事前に水分を補給しておくことが重要です。

 

サウナに入る前に水分を摂取する場合、ミネラルウォーターやスポーツドリンクがおすすめです。利尿作用の高いカフェインが含まれる緑茶やコーヒーを飲んでしまうと、途中でトイレに行きたくなる可能性があります。

 

また、サウナに入った後にもコップ一杯分ぐらいの水分を摂りましょう。サウナに入った後も体内の水分が不足しているので、なるべく早めに飲むのがおすすめです。

 

2. サウナに入る

 

水分を補給し、シャワーを浴びた後はサウナに入りましょう。サウナに入る時間としては6~12分あたりを目安にして、無理に長時間入らないことが大切です。

 

サウナに入る時は、少し足を高くして座ると良いでしょう。足を高い位置にすると体内で血液が循環しやすくなり、より体が温まります。

 

3. 水風呂を浴びる

 

サウナに入った後は、1分ほど水風呂に入りましょう。体への温冷刺激を繰り返すことで欠陥が伸び縮みして、さらなる血行促進につながります。

 

水風呂に慣れていない時、冷たすぎて辛いと感じるかもしれませんがしばらくすると慣れていきます。もし、水風呂がどうしても苦手な場合は冷水シャワーを浴びると良いでしょう。

 

初めのうちは冷水シャワーで冷やし、慣れてきたら水風呂に入るのがおすすめです。

 

4. 外気浴を楽しむ

 

水風呂に浸かった後は、外気浴を10分ほど楽しみましょう。外気浴をすることで副交感神経系が優位になり、自律神経のバランスが整います。

 

血液を循環させるためにも、外気浴を行う際は横になるのがおすすめです。目を閉じて呼吸を整えることで、体をよりリラックスさせられます。

 

人によってはリラックスすることで眠気が出てくる場合もあるので、うっかり眠らないように注意しましょう。

 

筋トレ後にサウナに入る際の3つの注意点

 

筋トレ後にサウナに入る際は、以下の注意点を把握しておく必要があります。

  1. 500ml以上の水分を取る
  2. 入る時間は6~12分を目安にする
  3. サウナ前後にアルコールを摂取しない
  4. 水風呂から出たらなるべく早く休憩する

健康面にも関わる部分なので、サウナに入る場合は必ず押さえておきましょう。

 

1. 500ml以上の水分を取る

 

サウナに入ると大量の汗をかくため、水分補給が欠かせません。サウナに入っている際に水分不足になると、めまい、筋肉の痙攣などさまざまな悪影響を及ぼします。

 

水分不足を起こさないためにも、サウナに入る前に500ml以上の水分を取るようにこころがけましょう。ミネラルウォーターやスポーツドリンクなど、体内に吸収しやすいものを飲むのがおすすめです。

 

2. 入る時間は6~12分を目安にする

 

サウナに長時間入ることで、効果が高まるわけではありません。サウナに入り過ぎると心臓に負担をかけてしまい、健康に悪影響が出てしまいます。

 

サウナに入る場合、入る時間は6~12分を目安にするのがおすすめです。サウナにある時計で時間をしっかりと確認して、体に悪影響を及ぼさないように注意しましょう。

 

3. サウナ前後にアルコールを摂取しない

 

サウナに入ると体温が高まり、血行が促進されます。サウナ前後にアルコールを摂取してしまうと、酔いが回りやすくなり気分が悪くなる可能性があります。

 

また、アルコールには利尿作用があるので、サウナに入っている間にトイレが近くなることもあり得るでしょう。サウナ前後でアルコールを摂取するとデメリットが大きいので、控えるのが大切です。

 

4. 水風呂から出たらなるべく早く休憩する

 

水風呂から休憩に入る際、血圧が急激に下がりやすいので注意が必要です。人によっては立ちくらみが起こる場合もあるでしょう。

 

立ちくらみを防ぐためにも、水風呂から出たらなるべく早く外気浴に移りましょう。椅子に座るか、横になることで血圧の低下を緩やかにできます。

 

筋トレとサウナに関するQ&A

 

 

筋トレとサウナに関するQ&Aとして、以下の3つをピックアップしました。

  1. 筋トレ前にサウナに入ってもいいの?
  2. プロテインはどのタイミングで飲めばいいの?
  3. 筋トレ後のサウナはNGって本当?

1つずつ確認していきましょう。

 

1. 筋トレ前にサウナに入ってもいいの?

 

今回は筋トレ後にサウナに入ることをおすすめしましたが、筋トレ前にサウナに入っても問題ありません。筋トレ前にサウナに入ることで、以下のメリットが得られます。

  • 血行が良くなり、筋肉の柔軟性が高まる
  • 体が温まるため、筋肉により栄養が行き渡りやすくなる
  • リラックスした状態で筋トレに臨める

筋トレ後にサウナに入る時間がないという場合は、筋トレ前に少しだけサウナに入ってみると良いでしょう。

 

2. プロテインはどのタイミングで飲めばいいの?

 

プロテインを飲むタイミングとしては、筋トレ後45分以内を意識しましょう。タンパク質の吸収効率が最も高まっている時間なので、筋トレ後になるべく早く摂取することが大切です。

 

www.amazon.co.jp/dp/B079Y6SGJ4

 

SAVASのプロテインであれば、タンパク質の合成を促進するビタミンB群、ビタミンDも摂取できます。

 

また、水に溶けやすいので、普段のトレーニングで飲む際にもおすすめです。

 

3. 筋トレ後のサウナはNGって本当?

 

筋トレ後は筋繊維が損傷するため、炎症を起こします。筋肉が炎症を起こした後は冷やして対処するのが一般的なので「筋トレ後のサウナはNG」と言う方もいます。

 

そこで、鍛えた部位に強い痛みや腫れがある場合は、サウナへ入らずに冷やしましょう。もし鍛えた部位に強い痛みや腫れがない場合は、サウナに入っても問題ありません。

 

6~12分ぐらいを目安に、体に負担をかけない程度の時間でサウナに入ると良いでしょう。

 

筋トレ後にサウナに入ると筋肥大を促進できる!注意点を守って入ろう

 

 

筋トレ後にサウナに入ることで「筋肥大の促進」「疲労回復」などさまざまな効果を得られます。

 

ただ筋トレ後にサウナに入る場合、いくつか注意点があるので把握しておくことが重要です。

 

注意点を無視してサウナに入ってしまうと、健康面に悪影響が出る恐れがあります。

 

最後にサウナに入る際の注意点をおさらいしてみましょう。

  1. 500ml以上の水分を取る
  2. 入る時間は6~12分を目安にする
  3. サウナ前後にアルコールを摂取しない

正しいストレッチや筋トレの方法を身に付けたい場合は、トレーニングジム「RETIO BODY DESIGN」がおすすめです。

 

納得できるまでスタッフがトレーニング方法について見てくれるので、初心者でも安心してトレーニングを続けられます。

 

また、食事に関するセミナーも受けられるため、食事管理の参考になります。

 

まずは無料で見学ができるので、こちらのリンクから詳細をチェックしてみましょう。

 

このコラムでは、他にもダイエット・ボディメイクに関するお役立ち情報を発信しています。ぜひ他の記事もご覧ください。

2023.09.30

クリーンバルクのやり方や必要な期間は?効率良く体を大きくする方法やメリット・デメリットも徹底解説

2023.09.29

7キロ痩せると見た目は変わる?変わらない?具体的な食事・運動量と痩せるまでの期間を徹底解説

2023.09.29

【厳選】ハーフラックの選び方やおすすめ5選!パワーラックとの違いやホームジムを作るときの注意点も解説

2023.09.19

野菜ジュースダイエットの正しいやり方3選!おすすめの選び方や注意点も解説

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る