トランポリンダイエットのビフォーアフター3選!効果が出るまでの期間や効率良く痩せる方法まで徹底解説 | RETIO BODY DESIGN

Unisex column 共通コラム

2023.04.25

トランポリンダイエットのビフォーアフター3選!効果が出るまでの期間や効率良く痩せる方法まで徹底解説

 

「トランポリンダイエットで成功した人のビフォーアフターが知りたい!」
「トランポリンダイエットをやってみたいけど、本当に効果があるのかな?」
「どれぐらい頑張れば痩せられるの?」

 

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

トランポリンダイエットは「1日5分跳ぶだけで痩せられる!」と海外で火が付いたダイエット方法です。

 

日本でも多くのジムでスタジオメニューとして取り入れられており、ダイエットにチャレンジする人が増えていますが、本当に効果があるのか気になりますよね。

 

この記事ではトランポリンダイエットのビフォーアフターについて、以下の内容を解説していきます。

 

  • トランポリンダイエットのビフォーアフター事例
  • トランポリンダイエットのやり方
  • 注意点や効率良く瘦せるためのポイント

 

おすすめの家庭用トランポリンも紹介しているので、あなたもすぐにトランポリンダイエットを始められますよ!ぜひ最後までお読みください。

 

トランポリンダイエットのビフォーアフター事例3選

 

トランポリンダイエットでどれぐらい痩せるのか、挑戦した人の事例を3つ、順に見ていきましょう。

 

【事例1】10日間トランポリンを跳ぶだけで-1.7㎏を達成!食事制限なし

 

 

トランポリンダイエットに挑戦した、男性のダイエット事例です。

 

チャレンジ内容は、以下の通りです。

  • トランポリンを跳ぶ時間は、朝30分、夜30分の1日計1時間
  • 10日間のチャレンジ
  • 食事制限はなし(いつも通りの食事)

結果は以下のようになりました!

 

  トランポリンダイエット初日 10日間チャレンジ最終日
体重 74.4kg

72.7kg(-1.7kg)

体脂肪率

27.7%

25.4% (-2.3%)

 

食事制限はなしで、朝晩30分ずつトランボリンを跳ぶだけで、体重は-1.7㎏、体脂肪率は2.3%ダウン。10日間という短い間でもしっかり痩せられたことがわかります。

 

男性はこのあともトランポリンダイエットを続け、なんと1ヶ月で約5キロの減量に成功しています。食事制限なしでこの結果はすごいですね。

 

  トランポリンダイエット初日 1ヶ月後
体重 74.4kg 69.6kg (-4.8kg)
体脂肪率

27.7%

24.5% (-3.2%)

(参照:【1か月でこれだけ痩せました】100日間トランポリンダイエット経過報告!

 

 

 

【事例2】トランポリンダイエットに3ヶ月間挑戦したアラフォー女性の事例

 

「シェイプキューブ」というクッション型のトランポリンを使ってダイエットに挑戦した、40代女性の事例です。

 

チャレンジ内容は以下の通りです。

 

  • クッション型のトランポリンを使用
  • 跳ぶ前にストレッチや踏み台昇降など軽い運動をで体を温める
  • 跳び方は1分 × 30秒休憩 で朝5分、夜5分の計10分。跳びながら上半身の運動も行う 
  • プロテインを飲む、毎日のストレッチやマッサージも取り組む
  • 食事制限はなし
  • 体調がすぐれないときは運動しない

3ヶ月のダイエット結果はこちら。

 

  チャレンジ前 3ヶ月後

体重

60kg 57.2kg(-2.8kg)
体脂肪率

40%

34.1%(-5.9%)

ウエスト 82cm 78cm(-4cm)
ヒップ 94cm 90cm(-4cm)
太もも 54cm 53cm(-1cm)
ふくらはぎ 36cm 34.8cm(-1.2cm)

(参照:【ダイエット奮闘記】アラフォー主婦の3ヶ月のダイエット結果!!

 

体重の変化は-3キロと緩やかな減少ですが、体脂肪率は6%落ちており、ウエストやヒップも4㎝も細くなっています。

 

汗をかきやすくなったなど、体の変化をかなり感じているそう。

 

代謝が落ち痩せにくくなるアラフォー世代で、1日10分の運動でここまで成果がでるなら、やってみたくなりますよね。

 

【事例3】4ヶ月で8キロ痩せた女性の事例

[blogcard url="https://ameblo.jp/nyakutan-1122/entry-12668405319.html"]

 

トランポリンダイエットで、4ヶ月で8キロのダイエットに成功した30代女性の事例。

 

チャレンジ内容は以下の通りです。

  • YouTubeのトランポリンエクササイズを1日30~40分程度跳ぶ
  • 朝食は好きなものを、昼は手作り弁当で炭水化物摂取あり
  • 夜は炭水化物を抜いて汁物をプラスする

 

1ヶ月ごとの体重の変化は以下の通りです。

 

ダイエット期間 体重の変化
1ヶ月後 -4.0kg

2ヶ月後

-5.6kg

3ヶ月後

-6.0kg

4ヶ月後

-8.1kg

 

スタート時の体重が明確に書かれていませんでしたが、だいたい63kgあたりからスタートし、4ヶ月で55㎏前後まで多様です減量したようです。

 

トランポリンを跳ぶ時間は40分程度。簡単な食事管理を併用しているとはいえ、4ヶ月で-8kgは素晴らしい結果ですね。

 

トランポリンダイエットは効果なし?見た目や体の変化

 

結論から言うと、トランポリンはダイエット効果があり、見た目や体の変化も十分実感できます。

 

体脂肪や体のサイズダウンが期待でき、1週間や10日間といったやや短い期間でも、十分効果を感じられます。

 

下半身の筋肉痛を訴える人が多いですが、上半身も同時に動かすことで、全身の引き締めも可能。便秘やむくみの解消といった効果を感じている人も多数います。

 

運動不足解消にもピッタリで、汗をかきやすくなったなど体調の変化を感じられる人も多いため、ダイエット効果も高いと言えるでしょう。

 

トランポリンダイエットのやり方

 

次に、トランポリンダイエットのやり方を確認していきましょう。

 

  • トランポリンの消費カロリー
  • 跳ぶ時間
  • 効果的な跳び方

の順に詳しく説明していきます。

 

トランポリンの消費カロリー

改定版『身体活動のメッツ(METs)表』によると、トランポリンの身体活動の強度(メッツ)は3.5~4.5程度です。

 

体重60kgの人が30分トランポリンを跳んだ時の消費カロリーは、次の計算式で求められます。

 

3.5×60kg×0.5時間(30分間)×1.05=110.25kcal

 

3.5メッツは、やや早めのウォーキング程度の強度です。跳び方によってメッツが変わるため、工夫することでさらに消費カロリーを増やせます。

 

跳ぶ時間

トランポリンを跳ぶ時間は、10~30分程度が理想です。

 

ただし、運動習慣がない場合は体への負担が大きいため、最初は 1分 × 5セットなどの短時間から取り組むなど、体力に合わせて調整すると良いでしょう。

 

慣れてくれば20~30分跳び続けられるようになり、筋肉痛など体への負担も和らぎます。

 

朝晩5分ずつにしたり、朝は5分・夜は15分にしたり、ライフスタイルに合わせて跳ぶ時間を変えても良いでしょう。

 

効果的な跳び方

トランポリンを普通に跳んだ時の運動強度は3.5メッツ程度、30分の運動で110kcal程度の消費カロリーです。

 

しかし、トランポリンの上でジョギングしたり、上半身の動きなどを加えたりすることで、消費カロリーが大きくなります。

 

トランポリンを跳ぶのに慣れ余裕が出てきたら、上半身の動きをプラスして跳び、消費カロリーアップを目指しましょう。

 

おすすめの跳び方は以下の通りです。

  • 腕を大きく前後に振る
  • 腿を高く上げる
  • 足裏でしっかりトランポリンを押し込む

YouTubeなどでトランポリン用の動画がたくさん配信されているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

トランポリンダイエットを行うときの4つの注意点

 

トランポリンダイエットは、以下の4つに注意して行いましょう。

 

  1. 短時間から始める
  2. ケガに注意する
  3. 騒音や安全に気を配る
  4. 女性は胸が揺れないようにする

詳しく説明していきます。

 

【注意点1】短時間から始める

トランポリンダイエットを行うときは、体力や体調に合わせて短時間から始めましょう。

 

最初は30秒または1分間跳ぶのを4~5セット繰り返す程度から始め、体を慣らしてから少しずつ時間を長くしていきます。

 

簡単な運動に見えますが全身の筋肉を使うため疲れやすく、筋肉痛になるなど体が受けるダメージも大きいです。

 

いきなり数十分の運動からスタートすると、辛すぎて続けられなくなってしまうため、最初は少し頑張ればできる程度の強度から始めてください。

 

【注意点2】ケガに注意する

トランポリンは弾性による反発力が大きいため、思わずケガを防ぐためにまっすぐ着地するようにしましょう。

 

最初はうまく跳べないことも多いため、基本の姿勢をキープできるように練習します。

 

慣れてきたら上半身の動きを加えるなど、難易度を段階的に上げていくのがポイントです。

 

また、バネ式のトランポリンは手を挟みやすい構造になっているため、うっかり挟んでケガをしないよう気を付けましょう。

 

【注意点3】騒音や安全に気を配る

トランポリンを跳ぶときは、跳ぶ場所や時間に気を配りましょう。

 

特にマンションなど集合住宅の場合は、早朝や深夜に跳ぶのは避け、静音マットなどを使うとトラブルを防げます。

 

また、誤ってトランポリン外に着地してもケガをしないよう、トランポリン周りの空間を十分確保してから跳びましょう。

 

お子さんがいる場合は、跳んでいる最中に近寄らないよう、言い聞かせておくことも大切です。

 

【注意点4】女性は胸が揺れないようにする

女性がトランポリンダイエットに取り組む場合は、スポーツブラなどでしっかり胸を固定してから跳ぶようにしましょう。

 

ジャンプのたびに胸が大きく揺れることでクーパーじん帯が伸びてしまい、胸が垂れる原因になります。

 

ジャンプすることで上下左右に大きく揺れてしまうため、胸全体をしっかりホールドできるスポーツブラがおすすめです。

 

胸の大きさに関わらず、バストに合ったサイズのものを着用するようにしましょう。

 

トランポリンダイエットで効率良く痩せるための5つのポイント

トランポリンダイエットで効率良く痩せるためには、以下の5つのポイントに気を付けましょう。

 

  1. アンダーカロリーを意識する
  2. 筋トレも取り入れる
  3. ストレッチやマッサージを行う
  4. たんぱく質を摂取する
  5. 睡眠時間を確保する

詳しく解説していきます。

 

【ポイント1】アンダーカロリーを意識する

トランポリンダイエットが全身運動で効率良く痩せられるといっても、暴飲暴食を続けていてはいくら頑張っても痩せられません。

 

アンダーカロリーを維持できるよう、食事や1日の消費カロリーなどの管理を行いましょう。

 

アンダーカロリーとは、1日の摂取カロリーが消費カロリーを下回ることで、ダイエットの基本です。

 

運動だけでなく食事管理も行うことで、確実に体重を減らせます。

 

1日の摂取カロリーは、「あすけん」や「カロリDiet」のようなダイエットアプリを利用すれば、簡単に管理できます。ぜひチャレンジしてみてください。

 

【ポイント2】筋トレも取り入れる

ダイエットを成功させるためには、体重だけでなく見た目の変化も重要です。

 

筋トレを取り入れることで、効率良く体脂肪を減少させ、気になる部分を引き締められます。

 

また、筋肉量が増えると消費カロリーも増えるため、アンダーカロリーが維持しやすくなり痩せやすい体を作れます。

 

理想のボディに近づけるためにも、ぜひ筋トレにも積極的に取り組んでみましょう。

 

【ポイント3】ストレッチやマッサージを行う

トランポリンを跳ぶ前後には、ストレッチやマッサージなどを積極的に行いましょう。

 

運動前のストレッチは体を温め、ケガをしにくくなる効果があります。体を動かす準備が整う、動的ストレッチがおすすめです。

 

運動後は使った筋肉をしっかり伸ばす、静的ストレッチがおすすめ。老廃物の排出を促し、疲労回復や筋肉痛の防止につながります。

 

またマッサージも適宜取り入れ、リンパの流れを良くすると、美脚になりますよ。

 

【ポイント4】たんぱく質を摂取する

ダイエット中は食事量が少なくなるため、たんぱく質が不足しやすくなります。

 

筋肉の回復にはたんぱく質が欠かせないため、意識して摂取するようにしてください。

 

食事で十分な量を摂取できない場合は、プロテインなどを活用すると簡単に不足分を補えます。

 

定期的に運動を行う場合、1日で必要なたんぱく質の量は、体重 × 2g 程度と言われており、体重が60㎏の人は120gという計算です。

 

3食しっかり食べていても不足しているケースもあるため、慣れるまではカロリー管理と同時にたんぱく質の量もチェックすると良いでしょう。

 

【ポイント5】睡眠時間を確保する

効率良く痩せるためには、体をしっかり休ませる回復時間を取ることも大切です。

 

睡眠中は「痩せホルモン」と呼ばれる、ダイエットに有効な成長ホルモンがたくさん分泌されます。

 

夜しっかり眠ることで食べすぎも防げるほか、疲れた体をしっかり回復させられるため、ダイエットがスムーズに進められます。

 

ダイエット中は最低でも、7時間程度の睡眠時間を確保しましょう。質にもこだわるとさらに効率良くダイエットができるでしょう。

 

おすすめの家庭用トランポリン3選

自宅でトランポリンダイエットを行うときにおすすめの、家庭用トランポリンを3つ紹介します。

 

Homwarm トランポリン 室内 大人用 |省スペースで手軽

高反発素材を取り入れ、自宅で省スペースでもジャンプなどのエクササイズができるように開発された、最新型のトランポリンです。

 

クッションとしても利用できるため、居間などに置いておいても気になりません。

 

耐荷重も200㎏まであり、初心者のトランポリンや、スペースが問題で普通のトランポリンを置けない人におすすめです。

 

>Homwarm トランポリン 室内 大人用 の詳細をチェック!

 

DABADA(ダバダ) トランポリン 大型102cm|大型で耐荷重110㎏まで

家庭用トランポリンとしてはやや大きめの、バネ式トランポリンです。

 

カラーが豊富なほか、マットセットや手すりセットなど、セット商品や付属品も充実しているのがポイント。

 

バネ部分にはカバーがあるため、自宅でも安全にジャンプできます。

 

耐荷重は110kgで、大柄な人も使いやすいトランポリンです。

 

>DABADA(ダバダ) トランポリンの詳細をチェック!

 

山善 トランポリン 92/102cm 安全ゴムバンド式|ゴム式で静か

ゴムバンド式で静音性と安全性に優れた家庭用トランポリンです。

 

小さく折りたたんで収納できるため、本格的なトランポリンが欲しいけどスペースが気になる、という人におすすめ。

 

小さなお子さんと一緒に使いたい人にもピッタリです。耐荷重は100㎏まで、複数のカラーがあります。

 

>山善 トランポリンの詳細をチェック!

 

トランポリンダイエットは痩せられる!食事管理や筋トレをプラスして1週間から始めてみよう

 

トランポリンダイエットのビフォーアフターを見れば、効果が高い運動であることがよくわかります。

 

効果が出るまでの期間が比較的短く、短時間の取り組みでもしっかり減量できるのがポイントです。

 

ダイエットを意識して、食事管理や筋トレ、マッサージなども取り入れれば、さらに効率良く痩せられます。

 

省スペースで手軽にトランポリンができるクッション型の家庭用トランポリンもあるため、自宅でも取り組みやすいです。

 

自宅で楽しく運動がしたい、トランポリンで効率良く痩せたいと思うなら、ぜひ今日からチャレンジしてみてください!

 

2023.09.30

クリーンバルクのやり方や必要な期間は?効率良く体を大きくする方法やメリット・デメリットも徹底解説

2023.09.29

7キロ痩せると見た目は変わる?変わらない?具体的な食事・運動量と痩せるまでの期間を徹底解説

2023.09.29

【厳選】ハーフラックの選び方やおすすめ5選!パワーラックとの違いやホームジムを作るときの注意点も解説

2023.09.19

野菜ジュースダイエットの正しいやり方3選!おすすめの選び方や注意点も解説

RANKINGランキング

Unisex

1

2020.06.16

【プロが指導】皮下脂肪の落とし方を徹底解説!早く落とすための工夫や運動メニューも紹介

2

2020.07.31

体脂肪率は平均値前後がベスト!内臓脂肪と皮下脂肪の違いと体脂肪を減らすポイント

3

2020.06.07

【保存版】1ヶ月で3キロ痩せる方法を徹底解説!食事・運動で引き締まったボディを作る